プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと頭痛薬

   

日常生活の中で体調を崩しやすいという方は、頭痛薬を服用することが多いかもしれません。

バファリンやイブブランドなど現在では薬局で購入できる頭痛薬の種類も増え、即効性もあるため日常生活で大いに役立ちます。

頭痛薬を服用する際に、「プロペシアでAGA治療を行っているけれど効果や副作用に悪影響はないのか?」という疑問を抱える男性は多いはずです。

確かに、市販されている頭痛薬だったとしても、2種類の内服薬を服用する形となるため、プロペシアとの併用は危険なのではないかと考えます。

しかし、今のところはプロペシアと併用が禁止されている医薬品はないため、AGA治療を行いながら頭痛薬を服用して症状を和らげることが可能です。

プロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドと飲み合わせて問題が生じる薬剤はなく、薬剤師の説明が必要な頭痛薬でも市販されている頭痛薬でも同じことが言えます。

「ロキソニンS」や「ロキソプロフェン」といった頭痛薬は薬剤師の説明を受けなければならず、「バファリン」や「バイエルアスピリン」、「ナロンエース」といった頭痛薬は、特に薬剤師の説明がなくてもドラッグストアで購入できるのです。

どの種類の頭痛薬でも基本的に作用は穏やかですし、プロペシアと併用して悪影響が生じることはないでしょう。

ただし、2種類の内服薬の服用で肝臓に負担が加わる恐れがあるため、できる限り飲む時間帯をずらす必要性があります。

お互いの作用は穏やかでも、同時服用によって多少なりとも負荷が加わるかもしれないので、念のために時間帯をずらすのが良いというわけです。

この点にさえ注意していれば、頭痛薬で痛みを和らげながらプロペシアを服用し、抜け毛や薄毛の症状を改善できます。

ただし、「頭が痛い時=頭痛薬を服用する」という考え方は改めた方が良く、薬の力に頼るのが最適というわけではありません。

そもそも、一口に頭痛と言っても、「風邪や二日酔いが原因の頭痛」「吐き気を伴う偏頭痛」「脳の病気に伴う頭痛」など様々な種類が挙げられます。

偏頭痛の場合は病院を受診して頭痛薬を服用してもらった方が良いものの、血流が悪化することで生じる緊張型頭痛は、首や肩をマッサージしたり、ストレッチ体操をしてみたりという対策で症状を緩和できるのです。

ちょっとした痛みがあるからといった直ぐに頭痛薬を服用しているとクセになるかもしれないので、なるべく他の方法で症状を和らげる努力も行ってみてください。

 - プロペシアと関係のある薬