プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアを増量すると?

   

「プロペシアによる抜け毛予防効果があまり得られないから増量するのが良いのではないか?」と考えている男性はいらっしゃいます。

確かに、プロペシアを増量すれば、それだけ多くのフィナステリドを取り入れる形となり、より脱毛を引き起こすDHTを抑えられるのです。

DHTの生成がAGAの直接的な原因と言っても過言ではないため、プロペシアの増量は理に適っております。

現在では0.2mgのプロペシアと、1.0mgのプロペシアが登場しており、1日に1mgまでのフィナステリドの摂取ならば特に問題はありません。

そのため、最初に0.2mgのプロペシアを服用してAGA対策を行い、数ヶ月間に渡って続けて特に大きな変化が得られないのならば、1.0mgに増量するのは一つの選択肢です。

ただし、プロペシアの添付文書では、「必要に応じて適宜増減できるできますが、1日に1mgを上限とします」と記載されておりました。

つまり、1mgのプロペシアを1日に1回ではなく、2回3回と服用量を増量するのは非常に危険で、効果を高めるどころか副作用の発症率が上がるというリスクがあります。

増量しても抜け毛抑制効果が2倍3倍と比例して増え続けるわけではありませんし、内服薬を販売しているメーカーがこのように示唆している以上、服用量は絶対に守らなければならないのです。

焦ってAGA対策を行ったところで満足のいく結果が出るわけではないので、長期間に渡ってゆっくりと作戦を練るようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、前立腺肥大症の治療薬として使われている医薬品がプロスカーで、プロペシアと同じようにフィナステリドが含まれております。

AGA治療として認められた内服薬というわけではありませんが、プロペシアよりもフィナステリドの配合量が多いので抜け毛や薄毛の対策としてプロスカーを服用している男性はいらっしゃるのです。

ただし、プロスカーには5mgのフィナステリドが含まれており、「0.2mg⇒1.0mg」の増量は可能でも、「1.0mg⇒5.0mg」の増量は危険だと心得ておきましょう。

副作用のリスクが上がるとは言っても、プロペシアにしてもプロスカーにしても元々身体への負担が少ないため、重篤な症状で悩まされることはありません。

それでも、フィナステリドの摂取は1日に1mgまでと決められているので、プロスカーをAGA治療に取り入れる場合は、ピルカッターを使って4分割や5分割にして服用するべきです。

もし、自宅でAGAの対策を練って改善へと繋げられないのならば、AGA専門クリニックを受診して医師のアドバイスを受けながら治療を進めてみてください。

 - プロペシアに関するFAQ