プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと喘息

      2018/02/01

AGA治療の内服薬として多くの男性が服用しているのがプロペシアで、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクの評価を得ております。

身体に加わる負担が少ない内服薬として注目されているものの、副作用が一切引き起こされないというわけではありません。

肝臓で代謝される内服薬である以上、飲み続けることで内臓に負荷が加わるため、喘息をお持ちの方は十分に注意が必要です。

喘息による咳の症状が悪化したり、肝機能障害によって眠気やだるさといった症状で悩まされるかもしれないので、プロペシアを服用する際はかかりつけの医師に相談した方が良いのではないでしょうか。

とは言え、プロペシアと併用してはいけない医薬品は特に設定されていないため、喘息の治療を行いながらAGAの治療を進めることは十分にできます。

喘息治療のゴールは発作を鎮めることではなく、以下のように発作が引き起こされないようにして、健康な人と変わらないような生活を送ることにあるのです。

・正常な発育が保たれる
・日常生活に悪影響なく送れる
・正常に近い呼吸機能を維持する
・治療薬による副作用がない
・夜間や早朝の呼吸困難がない
・夜間に十分な睡眠がとれる
・非可逆的な気道リモデリングへの進展を防ぐ

上記のように健康的な生活を送るために、基本的には喘息の治療として吸入ステロイド薬が用いられます。

吸入ステロイド薬には強い抗炎症作用があり、断続的な使用によって気道の炎症を抑えられるのです。

個人の症状によってはアレルギー反応によって気道炎症が生じることがあるため、ロイコトリエン拮抗薬や抗アレルギー薬が医師から処方されるケースもあります。

どの喘息の治療薬でも、プロペシアの中に含まれているフィナステリドとの相互作用はないため、喘息の症状を緩和しながらAGAの対策が行えるというわけです。

これは喘息の治療薬に限った話ではなく、市販されている頭痛薬や風邪薬にも同じことが言えるのではないでしょうか。

AGA治療薬のプロペシアは長期間に渡って服用するのが大原則で、毎日1錠を飲まなければならないこそ、身体への負担を最小限に抑えて作られているのかもしれません。

それでも、これから併用禁忌薬が登場する可能性は十分にあるので、喘息の治療を行っている男性はプロペシアを飲み続けても良いのかどうか、正しい知識を持った専門医に相談してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気