プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと腰痛に関係性はある?

   

腰痛とはどのような症状?

腰痛とはどのような症状?
40代を超え始めるとだんだんと腰痛で悩まされる確率が高くなり、グルコサミンやコンドロイチンを含むサプリメントや医薬品を飲み始める方は増えました。

果たして腰痛を発症するとどのような症状が引き起こされるのか見ていきましょう。

  • 突然激しい痛みが起こって動けなくなる
  • 物を取ろうと前屈みになった時にズキっと痛む
  • 痛み方や程度が日によって変わるのが特徴
  • 腰を動かさずに安静にしていても痛みが出る
  • 動こうとした時や寝起きに痛みが出やすい
  • 下半身が麻痺したり冷たく感じる(坐骨神経痛)

痛みがあまりにも強いと日常生活に悪影響が生じるので、早めに病院へと受診して正しい対策を取らなければなりません。

プロペシアと腰痛に関係性はあるの?

「プロペシアと腰痛に関係性はあるの?」「プロペシアの服用による副作用で腰痛は起こるの?」という疑問を抱えている方はいます。

基本的に腰痛の原因は筋肉疲労や筋力の低下ですし、内服薬の副作用による影響は考えにくいのです。

しかし、AGA治療薬のプロペシアは最初は前立腺肥大症を改善するためのお薬でした。

そのため、長期間に渡る服用で以下のような副作用のリスクがあります。

  • 性欲減退
  • 精子数の減少
  • 勃起不全
  • 精力減退
  • 腹痛や胃痛
  • 眠気
  • 腰痛

複数の項目の中には腰痛が含まれており、「プロペシアの服用と一切関係性はない」とは言い切れません。

20代や30代の男性でプロペシアを服用して数ヶ月で腰痛を発症するケースはなくても、50代以降の男性でAGA治療を考えている方は少なからずリスクがあると心得ておいた方が良いでしょう。

プロペシアは正しい飲み方を続けていれば安全性は高い

プロペシアはアメリカのFDAからも日本の厚生労働省からも推奨されている医薬品です。

つまり、効果と安全性はしっかりと確立されており、正しい飲み方を続けていれば重篤な副作用で悩まされることはありません。

腰痛が懸念される高齢者が服用する場合も、ストレッチやエクササイズなど日頃から身体を動かす運動をしていれば発症や悪化を食い止められます。

  • 即効性のある薬ではないので毎日飲み続ける
  • 1日に服用する回数は1回1錠(0.5mg~1.0mg)
  • 体内の成分濃度を一定にするために24時間サイクルで飲む
  • なるべくアルコールとの併用を避ける
  • 飲み忘れたとしても翌日に2倍の量を服用しない

このような飲み方を続けていれば安全にAGAによる抜け毛や薄毛の改善に繋げられるので、格安の料金でプロペシアを販売しているオオサカ堂を利用してみてください。

 
>>> プロペシアの詳細はこちら
 

 - プロペシアのデメリット