プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用で引き起こされる薬疹は副作用の一種?

      2018/02/01

薬疹とはどのような症状なの?

薬疹とはどのような症状なの?

薬疹とは医薬品を服用したり、注射治療を受けたりした時に生じる発疹のことを指します。

薬を服用した全ての人が発症するのではなく、特定の人にアレルギー反応として引き起こされるのが一般的です。

具体的な症状や薬疹の特徴について簡単にまとめてみました。

  • 蕁麻疹のように特定の部位へとブツブツが形成される
  • 1週間~2週間と免疫が働くようになってから出る
  • 医療機関ではパッチテストやスクラッチテストで診断する
  • 薬疹を起こさない医薬品はないので予防するのは難しい

どの内服薬を服用するに当たっても薬疹のリスクは少なからずあり、何かしらの治療を行って病気を治すに当たって致し方ない現象だと心得ておきましょう。

 

プロペシアの服用で引き起こされる薬疹は副作用の一種なの?

AGAの治療薬のプロペシアも内服タイプの医薬品の一つで、薬疹が引き起こされるリスクはあります。

プロペシアの副作用の一種と言っても過言ではなく、どんな症状が出やすいのか幾つか挙げてみました。

  • 服用して数時間後に慢性的な皮膚疾患の乾癬を発症する
  • 赤みを帯びた発疹に白くてカサカサする垢が付着する
  • 蕁麻疹のような赤いポツポツが身体の一部分に形成される
  • かゆみを伴う湿疹ができて掻き毟るのをやめられなくなる

「○○○○のような症状が出る」と特に決まっていません。

個人の体質によって引き起こされるアレルギー症状が異なるのが薬疹の厄介な点で、プロペシアと他の薬を併用している男性の場合はもう一方の薬が引き金となることがあります。

肌に生じた症状の対処よりも根本的な改善を目指さなければならず、プロペシアなのか別の薬なのか判断するために専門医の診察を受けてみましょう。

 

薬疹以外に引き起こされやすい副作用は?

プロペシアはAGAの治療に欠かせない存在の内服薬で、日本だけではなく世界中の男性が服用しています。

数々の研究で医学的な効果が立証されていますし、日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでAランクという高い評価を得ているのも人気の理由です。

しかし、薬疹だけではなく他の副作用のリスクもあり、どんな症状が引き起こされるのかまとめてみました。

  • 男性機能の低下や性欲の減退
  • 勃起不全(ED)の悪化
  • 抗うつや倦怠感
  • 肝機能不全の悪化

プロペシアは少なからず男性ホルモンへと影響を及ぼすAGA治療薬ですので、男性機能の低下や性欲減退などの副作用が報告されています。

健康が著しく害される心配はないものの、副作用を食い止めたいのであれば別の方法でAGA治療を行わなければなりません。

 

プロペシアの服用で薬疹が出る確率は低い

プロペシアは日本や海外で安全性が確立されていて、風邪薬や頭痛薬と同じ要領で服用できます。

つまり、アレルギー体質でなければ薬疹が出る確率は非常に低く、安全に男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を阻害して抜け毛の抑制を図れるのがメリットです。

  • 初期脱毛はありましたが数週間で髪の毛にハリが出てきました
  • 副作用は今のところなく、良好な体調を保つことができています
  • お風呂の排水口に詰まる髪の毛の数が減ったような気がする
  • 現状維持に繋がっているのでこのままAGAの治療を頑張ります
  • 本当に効果を実感できているので毎日1錠を服用しています

こういった口コミを確認していて、抜け毛の抑制を図って理想のヘアスタイルをキープできます。

違反の育毛剤や育毛サプリメントで変化を得られなかったという男性は、個人輸入代行業者のオオサカ堂でプロペシアを購入してみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのデメリット