プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと筋トレ

      2018/02/01

weighttraining

ダンベルやバーベルによる筋トレがプロペシアによるAGA治療の妨げになるという噂が飛び交っております。

恐らく、筋トレを行うと男性ホルモンが増加して薄毛が進行する要因を作るからこそ、プロペシアによる治療の妨げになると考えられているのです。

「AGA治療をして薄毛を克服したい」「筋力トレーニングで強化してガッチリとした身体を維持したい」という男性にとっては、プロペシアを選ぶのか筋トレを選ぶのか究極の選択になるかもしれません。

しかし、筋トレをして男性ホルモンが増えても直接的に薄毛が進行するわけではありませんし、プロペシアの効果が下がることもないので安心です。

確かに、AGAによる薄毛には男性ホルモンが深く関わっており、活性型男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されることでヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えるというメカニズムになっております。

実は男性ホルモン自体が悪さを働いているわけではなく、酵素の5αリダクターゼが悪玉のDHTに変えるところに問題があるのです。

もし、筋トレして男性ホルモンが増えて薄毛のリスクが増すのならば、毎日身体を鍛えているアスリートは全て髪の毛が薄くなります。

とは言え、アスリートの中にも髪の毛がフサフサの男性はたくさんいらっしゃるので、筋トレが薄毛を進行させることはありませんし、プロペシアの効能にも特に悪影響を与えるわけではないのです。

少なからず副作用がある医薬品なので、「絶対に飲んだ方が良い」と勧めることはできないものの、AGAのメカニズムに焦点を当てた画期的な内服薬なのは間違いないので、プロペシアによるAGA対策を始めてみてください。

さて、AGAによる抜け毛や薄毛は男性ホルモンが関わっているということで、悪者だと考えている方は多いかもしれません。

しかし、男性ホルモンのテストステロンは生きていく上で欠かせない存在で、これが欠乏すると以下のような不快な症状が引き起こされます。

・男性更年期障害
・ED(勃起不全)
・うつ症状
・イライラしやすい
・汗を良くかく
・不安になりやすい
・落ち着かない
・関節痛や筋肉痛
・筋力量の低下
・性的衝動の減少
・慢性的な疲れ
・前立腺の肥大
・性欲の低下
・頻尿

全ての症状が同時に引き起こされるわけではありませんが、男性ホルモンの欠乏で日常生活に支障が出る可能性は十分にあります。

そのため、筋トレを行って身体を鍛え、男性ホルモンの分泌量を増やすような試みは決して間違っていないのです。

テストステロンの分泌量が増えたとしても、DHT(ジヒドロテストステロン)に変える酵素の5αリダクターゼの働きをプロペシアで抑制していれば、抜け毛や薄毛の症状を食い止められます。

DHTが脱毛のスイッチを入れて健康な髪の毛が育ちにくい状態を作るために、酵素の働きを医薬品で抑えるのは理に適ったAGA対策というわけです。

AGAは治療できない病気ではありませんし、プロペシア以外にもミノキシジルが含まれた育毛剤は開発されているので、諦めずに対処してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメカニズム