プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは若い方が効くの?

   

「AGA治療薬のプロペシアは若い方が効くの?」「AGA治療薬のプロペシアは年齢が低い男性が飲まなければ意味がないの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

どの年齢の男性が服用しても、脱毛を引き起こすDHTを抑制して抜け毛を減らしてくれるという点では一緒です。

しかし、若い方が効くというのは間違いではなく、それはAGA(男性型脱毛症)が進行性の病気だからかもしれません。

AGAの症状はハミルトン・ノーウッドの分類によってⅠ型からⅦ型まで分けられており、症状が進行するにつれて改善が難しくなります。

例えば、Ⅱ型ならば生え際や頭頂部の脱毛がちょこっと進行した程度なので、プロペシアの服用で抜け毛を抑えていれば症状をストップさせられますし、髪の毛が復活することもあるはずです。

その点、Ⅶ型のAGAは頭頂部と生え際の両方の脱毛が著しく進行した状態を指し、後頭部や側頭部にしか髪の毛が残されておりません。

プロペシアは発毛を促す治療薬ではなく、あくまでもAGAの進行を食い止める内服薬なので、若い方が効くと言われているのではないでしょうか。

若い年齢の男性の方が効き目が強くなるわけではなく、若い人ほどAGAの症状が進行していないケースが多いため、AGAの治療は早めに行った方が良いと考えられているのです。

ツルツルの地肌が見えている状態から髪の毛を生やすのは少々困難なので、抜け毛や薄毛の症状を自覚した段階で効果の高いプロペシアを服用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、年齢が若ければ若いほどプロペシアが効果的だと考えられているのは、AGAによる症状だけではなく加齢によって薄毛も進行しやすいからです。

もちろん、AGAも加齢によって症状が進む脱毛症なのですが、年齢を重ねると誰でも毛髪が細く薄くなっていきます。

若者ならばAGAを発症していても加齢による抜け毛や薄毛の進行は見られないはずですし、身体も毛母細胞の活動も元気で髪の毛を生やす力が備わっているため、プロペシアの服用による効果を得やすいのです。

ただし、年齢が若くてもプロペシアは薄毛で悩む全ての男性に効き目があるわけではなく、遺伝子レベルでCAGリピートの数が多いとDHT(ジヒドロテストステロン)の感受性が弱く、内服薬で量を減らしても大きな効果が得られないことが分かりました。

このCAGリピート数はAGA治療を行っている専門クリニックで調べてくれるので、不安な男性は一度訪れてみてください。

 - プロペシアに関するFAQ