プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

若い年齢の男性の方がプロペシアは効果的なの?

      2018/09/16

高齢者より若い年齢の男性の方がプロペシアは効果的なの?

疑問

プロペシアは高齢者よりも若い年齢の人の方が効果的だと考えられています。

20代や30代など若いうちからプロペシアを服用し、AGAによる抜け毛や薄毛の症状を克服できた男性は少なくありません。

これはAGAが加齢によって症状が進行する病気なのが大きな理由で、若いうちならばまだ激しくハゲていないと考えることができますので、改善の余地は十分にありますよ。

それに、AGAを発症していない男性でも、加齢によって髪の毛は徐々に細く弱くなっていきますし、薄毛の症状が悪化すればするほど次のようにプロペシアの効き目はなくなります。

  • 年齢を重ねるとヘアサイクルが崩れて薄毛の症状が進行する
  • 頭頂部や前頭部の薄毛はどんどん広がっていく
  • プロペシアは抜け毛を予防する内服薬で、劇的な改善は期待できない
  • 年齢を重ねた男性ほど効果を実感しにくくなる

薄毛と聞くと中高年の男性をイメージする方が多いものの、近年になって男性ホルモンが活性化する思春期以降であればAGAを発症する可能性があることが分かりました。

「若年性脱毛症」や「若ハゲ」とも呼ばれており、最初は抜け毛が増えたり髪の毛にコシがなくなったりという症状でも、年齢を重ねるにつれてだんだんと生え際の後退や頭頂部の脱毛が進行します。

そのため、若いうちからプロペシアを服用し、DHTの生成を抑えて薄毛の進行スピードを和らげるのは一つの選択肢ですね。。

もし、40代50代と年齢を重ねて薄毛の症状が進行し、毛根が死滅した状態になれば、プロペシアを服用しても新しい髪の毛を生やすことはできません。

そもそも、プロペシアの効果は発毛ではなく、男性ホルモンの生成を阻害することによる抜け毛の抑制ですので、薄毛の症状が進行していない若い男性の方が効き目があるのは何となく想像できるのではないでしょうか。

年齢を重ねた中高年の男性と比較して身体も元気で髪の毛を生やす力もしっかりと持っていますので、薄毛を自覚し始めたのならばプロペシアを服用して少しでも抜け毛を食い止めてみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

AGAが進行した状態から毛髪を復活させるのは難しい!

年齢を重ねることで新陳代謝が悪化し、発毛パワーも徐々に衰えてくるため、プロペシアによるDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制効果が得られにくくなると考えられています。

AGAの進行パターンはハミルトン・ノーウッド分類が使われることが多く、Ⅰ型からⅦ型まで細かく分けられているのが特徴です。

正常な状態のⅠ型ならば当然のようにプロペシアを服用する必要はありませんが、頭頂部と生え際の脱毛が繋がったⅦ型の状態から毛髪を復活させるのはほぼ不可能だと心得ておかないといけません。

残されている望みは後頭部や側頭部の毛髪を移植する自毛植毛だけですので、若いうちから早めに対策を練った方が良いでしょう。

ただし、AGAの症状が始まったからといって必ずしもプロペシアのような内服薬を服用しなければならないわけではなく、頭皮環境の改善や生活習慣の見直しも十分に大きな効果があります。

洗髪の仕方を見直して毛穴に詰まった汚れを除去したり睡眠不足を解消して成長ホルモンの分泌を促したりと、日常生活の中で試せることはたくさんありますので、若い人は薬の力だけに頼らないようにしてください。

 - プロペシアの効能