プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとうつ病

      2018/02/01

プロペシアの服用でうつ症状を訴えている男性は多く、そのままうつ病や自律神経失調症といった精神的な病気に繋がる方もいらっしゃいます。

抜け毛を減らす効果があるとしてプロペシアは有名で、体内の5αリダクターゼの働きを抑制し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防いでくれるのです。

DHTが毛乳頭細胞の受容体と結合し、毛髪を作るための細胞分裂が減るため、年齢を重ねるにつれて抜け毛の量が増え、薄毛が進行していきます。

AGAの根本的な原因のDHTを減らしてくれるからこそ、内服薬のプロペシアは注目を集めているのかもしれません。

しかし、脱毛を防ぐためにはDHTは要らない存在ですが、抑うつと関係している腦脊髄液内の神経ステロイドも減少します。

その結果、自律神経のバランスが崩れ、「仕事が辛い」「集中力が続かない」「意欲が湧かない」「元気がない」という状態に陥り、うつ病を発症するリスクが高まるのです。

うつ病を発症まで症状が進行しないとしても、プロペシアの服用で倦怠感的な症状を訴える男性は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

副作用のリスクが少ない内服薬としてプロペシアは知られておりますが、うつ病の発症リスクも少なからずあると心得ておくべきです。

また、プロペシアの副作用が直接的な引き金ではなく、過度のストレスでうつ病を発症している可能性もあります。

毎日プロペシアを服用しているのにも関わらず髪の毛に大きな変化が生じず、抜け毛や薄毛の改善に至らなければストレスが溜まります。

更に、性欲減退や精子数の減少、勃起機能の低下など男性機能に関する副作用の発症率は1%~5%程度で、男性としての威厳が保てなくなったことが原因でストレスを溜め込んでいるのかもしれません。

うつ病は、日常生活で最も実感しやすい精神的ストレス、身体の機能低下による構造的ストレス、食べ物から摂取する栄養素による化学的ストレス、温度や湿度などの環境的ストレスの4つが深く関わっております。

ストレスを抱えていても毎日の生活で上手く発散させていればうつ病には繋がらないものの、必要以上に溜め込んでいると自律神経に乱れが生じて精神的な病へと発展してしまうのです。

そのため、プロペシアを使ってAGA対策を行っている男性は特に、ストレスへの対処もきちんと考えた方が良いでしょう。

「抜け毛がこれ以上増えたらどうしよう」「薄毛がこれ以上進行したらどうしよう」と悩みすぎていると、ストレスは溜まります。

その結果、ありとあらゆる病気に繋がる可能性があるので、毎日の生活の中でリフレッシュも上手く心掛けてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気