プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの売上推移

      2018/02/01

AGAの治療薬の中でも最も有名なのがプロペシアで、アメリカで認可されてから日本でも話題となり、抜け毛や薄毛の治療として服用している男性は増えました。

世界市場での売上推移は右肩上がりで伸びており、痛みなく自宅でAGAの対策ができるからこそ人気を得ているのかもしれません。

塗布タイプの育毛剤と同じように、プロペシアは1日に1錠を服用するだけとなっております。

医薬品さえ入手すれば自宅で飲み続けるだけで良いですし、現在では医師の処方箋がなくても個人輸入代行業者からネットで手に入れることができるため、売上推移が上がっていても不思議ではないのです。

日本国内での育毛剤売上でも大きなシェアを誇っているものの、2012年から2013年にかけて売上は減りました。

爆発的な売上推移だった当時と比較してみると、今現在ではプロペシアを使う人は減り、これは副作用の報告と安いジェネリック医薬品の流通が大きな理由となっております。

安全性と有効性の両方を兼ね備えているということで、プロペシアは厚生労働省やアメリカのFDAから認可されているものの、副作用が皆無というわけではないのです。

精力減退や勃起不全、男性機能の低下や更年期障害といった副作用が報告されており、これが売上推移が減少した大きな原因かもしれません。

副作用の報告に加えて、近年ではプロペシアよりも安い価格で入手できるジェネリック医薬品が流通するようになりました。

プロペシアと同じ成分で医薬品の開発にかけるコストを減らして安い価格で提供できるのがジェネリック医薬品(後発医薬品)で、フィンペシアやエフペシア、フィナロといった内服薬が有名です。

種類によってはプロペシアの10分の1以下のコストで入手できるため、AGA治療のお金を少しでも削減するために、プロペシアではなくジェネリック医薬品を使っている男性が増えております。

以上のような背景があり、プロペシアの売上推移は低下を辿っているのではないでしょうか。

それでも、プロペシアがこれからもAGA治療の柱になるのは紛れもない事実ですし、売上が減少しても購入して抜け毛や薄毛の対策を行う男性が減るわけではありません。

専門医の中にはプロペシアの服用を積極的に勧めている方がいらっしゃいますし、正しい飲み方や使い方を心掛けていれば、副作用で悩まされる心配はないはずです。

自分の判断で用法や用量を増やしたりしていると、思わぬトラブルが引き起こされるため、1日に1錠という用量はきちんと守る必要があります。

プロペシアの添付文書では正しい飲み方が記載されているので、AGA対策を始める前に目を通しておいてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメカニズム