プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと運動・スポーツ

      2018/02/01

sports

プロペシアの服用で運動能力が低下するのではないかという噂が飛び交っており、不安を抱えている男性は多いはずです。

プロのスポーツマンでもプロペシアを服用してAGA対策を行っている人は多いですし、「何かしらの悪い影響が出るのではないか?」と勘ぐってしまうかもしれません。

しかし、性欲減退や男性機能の低下など性的な副作用を感じるケースはあっても、運動能力には特に影響はありませんし、私生活に支障を来たすことはないはずです。

恐らく、プロペシアは男性ホルモンの抑制剤として知られているからこそ、運動能力が低下すると噂されているのではないでしょうか。

確かに、活性型男性ホルモンのDHTの産生を抑えられるのがプロペシアで、その結果脱毛のスイッチを入れる物質を抑えて抜け毛や薄毛の改善に繋げてくれます。

とは言え、全ての男性ホルモンにプロペシアが作用するわけではなく、テストステロンをDHTに変える酵素のⅡ型5αリダクターゼの働きを阻害するだけなので、理論上は運動能力とは特に関係性がないのです。

実際に、プロペシアの添付文書に目を通してみると、「運動能力の低下」という副作用の項目は記載されておりませんでした。

個人の体質によっては息切れや筋力の低下、体力の低下の可能性があるという情報も出回っているものの、用法と用量を守っていればプロのスポーツマンでも安全に服用できます。

脱毛のスイッチを入れるDHTをピンポイントで抑えられる画期的なAGAの治療薬なので、抜け毛や薄毛で悩んでいる男性はプロペシアの服用を考えてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、実際にAGA専門クリニックの医師に話を伺ってみたところ、プロペシアの効果は運動の有無で左右されないことが分かりました。

もちろん、精神やホルモンバランスの影響で運動面で悪影響が生じる可能性は0%ではありませんが、今のところはそのような報告はありません。

プロペシアは日本だけではなく世界中で愛されているAGA治療薬で、運動能力が低下するようならばもっとインターネットで噂になっているはずです。

そのような報告があったとしてもごく少数派の意見なので、特に神経質にならずにプロペシアの服用を続けてみましょう。

それに、運動不足に陥っていると、「血行不良が引き起こされる」「肥満に繋がる」「ストレスが蓄積されやすい」という理由で薄毛が引き起こされやすくなります。

直接的に薄毛の原因に繋がるわけではありませんが、身体を定期的に動かすことは健康面でも欠かせないポイントなので、自分の好きなスポーツを続けるべきです。

1日に20分間から30分間程度のウォーキングやジョギングでも効果があるので、毎日の生活の中に取り入れてみてください。

 - プロペシアのメカニズム