プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと痛風

      2018/02/01

尿酸が足の親指などに溜まって結晶となり、激しい関節炎を引き起こす病気が痛風で、血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を超えることが原因だと考えられております。

以前は治りにくい病気だったものの、現代では医学の研究が進んで良い薬も次々と開発されたため、痛風を患っていても適切な治療を受ければ健康な生活を送れるようになりました。

尿酸の濃度が高くなるのが直接的な原因ということで、痛風とプロペシアには特に関係性がありません。

プロペシアを服用してからといって痛風を患うリスクが上昇するわけではありませんし、元々副作用の少ない内服薬なので身体に加わる負担は最小限に抑えられます。

どんなに効果の高い内服薬で発毛効果が高かったとしても、副作用で不快な症状が引き起こされやすければ服用したくないと考えるのは普通です。

しかし、プロペシアはそんな危険性の高い医薬品ではありませんし、厚生労働省やFDAからも認可されている安全性の高い治療薬となっております。

既に痛風を患っている男性で、「痛風の治療薬とプロペシアは併用して良いの?」という疑問を抱える方は多いのではないでしょうか。

通風の治療で使われる医薬品としては、以下が挙げられます。

尿酸合成阻害薬:痛風の元となる尿酸の合成を阻害する医薬品
尿酸排泄促進薬:尿細管からの再吸収を阻害して尿酸の排泄量を増加させる
痛風発生停止薬:好中球の働きを抑えて炎症を食い止める医薬品
NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬):疼痛や発赤を抑える医薬品
酸性尿改善薬:尿のPHをアルカリ方向へと移動させて弱酸性にする薬

尿酸合成阻害薬としてはザイロリックやフェブリク、尿酸排泄促進薬としてはブコローム、痛風発作治療薬としてはナプロキセンやオキサプロジン、酸性尿改善薬としてはクエン酸ナトリウムが有名です。

個人の症状や体質に合わせて医師が処方する薬を決める形となり、指示に従って治療を行っていれば症状を緩和できます。

どの医薬品に関してもプロペシアとの相互作用はなく、AGAの対策を行いながら痛風の症状を和らげる治療が受けられるのです。

プロペシアの添付文書には、痛風の治療薬との飲み合わせが悪いという記載はありませんでしたし、頭痛薬や風邪薬と併用しても問題はありません。

しかし、素人では本当に安全なのかどうか確かめる術はないので、痛風の薬を専門医から処方されたら、プロペシアと併用しても良いのかどうか伺ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気