プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの服用で疲れやすい

   

プロペシアを服用してAGAの対策を行い始め、「何となく疲れやすい」と感じている男性はいらっしゃいます。

疲れやすいだけではなく、やる気がなくなったり性欲が減退したりという症状で悩まされている方も多く、それはプロペシアの副作用かもしれません。

内服薬のプロペシアは少なからず男性ホルモンに影響を与え、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の量を抑えてくれます。

男性ホルモン自体の分泌量を減らすのではなく、酵素の5αリダクターゼへと働きかける内服薬なので、原理的には副作用が生じにくいのです。

それでも、男性機能の維持ややる気の向上と密接な関わりのある男性ホルモンが減るため、疲れやすくなったり抗うつ症状が引き起こされたりするのではないでしょうか。

しかも、抜け毛や薄毛で悩まされている男性は毎日の生活で精神的なストレスを感じやすく、その影響も十分に考えられます。

年齢による男性機能の低下も合わさり、「気分が優れない」「身体が疲れやすい」「性欲が減退した」という症状に繋がるのです。

もし、あまりにも不快な症状で悩まされているのならば、プロペシアではなく別の方法でAGAの対策を練った方が良いかもしれません。

プロペシアの服用が全てではなく、ミノキシジルが含まれた育毛剤や亜鉛やタウリンが含まれた育毛サプリメントの摂取など、抜け毛や薄毛を予防する方法は幾つも考えられます。

しかし、男性型脱毛症の治療として有効だと言われているのがプロペシアなので、きちんと症状を食い止めたいのならば自分の体調を考慮しながら服用を続けてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、疲れやすいという症状がプロペシアの服用ではなく、別の原因によって引き起こされている可能性も十分にあります。

肉体的な疲労や精神的な疲労、神経的な疲労の3種類に大きく分けられ、乱れた毎日の生活習慣とも密接な関わりがあるのです。

医薬品を毎日のように服用し、身体に不快な症状が引き起こされた場合はその薬のせいにしてしまう方が多いかもしれません。

それでも、プロペシアは副作用が非常に少なく効果と安全性の高さで認められている内服薬なので、毎日の生活に原因が潜んでいると考えるべきです。

そこで、疲れやすい方には筋肉に蓄積された乳酸を分解するビタミンB1やクエン酸の摂取が適しており、ビタミンB1は豚肉や大豆製品、クエン酸は柑橘系の果物の中に含まれております。

他にも、以下のような対策を練っていれば、「プロペシアの服用で疲れやすい」という状態を回復できるので、是非一度試してみてください。

・疲労感をアップさせるカフェインやアルコールの摂取を心掛ける
・血糖値を急激に上昇させる脂肪分の強い食べ物を避ける
・冷たい飲み物や食べ物を摂取し過ぎないようにする
・酸素を持続的に取り込む有酸素運動を毎日行う
・睡眠の質を高めて熟睡できるようにする
・血流を促して免疫力を高めるツボを刺激する
・ストレスを発散させてリフレッシュする

 - プロペシアのデメリット