プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと糖尿病

      2018/02/01

飲む育毛剤のプロペシアは、糖尿病の予防と少なからず関わっているのではないかと考えられております。

もちろん、本来の目的はAGAによる抜け毛を減らして薄毛の進行をストップさせることなので、糖尿病の予防のために開発された医薬品ではないのです。

それでも、体内でDHT(ジヒドロテストステロン)が増えると、高血圧や糖尿病、前立腺の病気のリスクが大きく高まります。

それは、体内で発生したDHT(ジヒドロテストステロン)によって、成長因子の一種であるIGF-1が減少するからです。

プロペシアを1日に1錠という用量を守って服用すれば、体内へとフィナステリドが行き渡って酵素の5αリダクターゼを阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の産生量を抑えてくれます。

その結果、抜け毛が減少するというメカニズムなので、糖尿病と少なからず関係性があったとしても不思議ではありません。

成長因子のIGF-1を正常にすれば、髪の毛の成長が促進されたり、糖尿病を改善したりという効果が得られます。

薄毛治療のためにプロペシアを服用し、軽い糖尿病の症状が改善されたという男性もいらっしゃるため、非常に嬉しいオマケ効果だと言えるのではないでしょうか。

もちろん、AGA治療として最も効果を発揮するのがプロペシアで、それは男性型脱毛症の直接的な原因であるDHTの抑制を図れるからです。

AGAのメカニズムに特化した画期的な内服薬なので、抜け毛や薄毛の症状で悩む男性は、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入して一度服用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、AGAの治療のためにプロペシアを飲むのは効果的だとしても、既に糖尿病の疑いがあるのならばきちんと病院で対処する必要があります。

プロペシアで糖尿病が治ったという報告はありませんし、あくまでも予防効果が限度なので、自己判断で対処するのではなく専門医の指示に従うべきです。

糖尿病を患っているからといって闇雲に医薬品を使えば良いのではなく、薬物療法に加えて食事療法や運動療法を行うのが基本的な治療となっております。

食事療法で食べる量と食べ方を見直して血糖値が上がり過ぎないようにコントロールし、運動療法でエネルギーやブドウ糖を消費させることが大事なのです。

特に、食事療法は糖尿病の治療の中心と言っても過言ではなく、「バランス良く栄養素を摂取する」「1日に3食を摂取する」「必要カロリーを厳守する」「ゆっくりと良く噛んで食べる」など、専門医から指導を受けるかもしれません。

この地道な対策が糖尿病の改善のために欠かせないポイントだと、しっかりと頭に入れておいてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気