プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアが効かない人の特徴

      2018/02/01

プロペシアを長期間に渡って服用しているのにも関わらず、全く効き目がないということで悩んでいる男性は少なくありません。

プロペシアが効かない人の特徴としては以下が挙げられます。

・正しい飲み方を実践していない
・皮脂腺にある脱毛酵素が引き金となって薄毛が引き起こされている
・AGAではなく円形脱毛症や脂漏性皮膚炎が原因で抜け毛が生じている
・CAGリピート数が大きい
・生活習慣に乱れが生じている
・プロペシアの服用以外に薄毛対策を行っていない

上記に該当するような男性は、プロペシアを服用しても抜け毛を抑制したり薄毛を改善したりという効能を得られないという特徴があります。

特に、「正しい飲み方を実践していない」という人は注意が必要です。

プロペシアは1日に1錠をできる限り同じ時間帯に服用することで、体内へと有効成分のフィナステリドが行き渡り、DHTを抑制して抜け毛を減らせるというメカニズムになっております。

服用する量は多くても少なくても駄目で、安全に高い効果を得たいのならば、正しい飲み方を長期間に渡って続けなければなりません。

また、プロペシアが効かない男性は、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛や薄毛ではなく、円形脱毛症や脂漏性皮膚炎、トリコチロマニア(抜毛症)を患っているという特徴があります。

プロペシア自体が髪の毛を生やしてフサフサにしてくれるわけではなく、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害してDHTが作られにくくなることで抜け毛の減少に繋がるのです。

つまり、円形脱毛症や脂漏性皮膚炎、トリコチロマニア(抜毛症)は悪玉男性ホルモンのDHTとは何も関係性がないので、プロペシアを服用しても効き目がないというのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

他にも、プロペシアを服用するくらいしか薄毛対策を行っておらず、生活習慣が乱れている男性はプロペシアが効きにくいという特徴があります。

プロペシアを使ってAGA対策を行うこと自体は間違っていないものの、摂取する栄養素や内臓の健康状態、私生活の有り方など様々な要素が絡み合って薄毛が進行していくのです。

プロペシアは薄毛を促進させる原因を取っ払うことしかできないため、劇的な変化を得たいと考えているのならば、医薬品の効能だけに頼るのではなく、不規則な生活を改めなければなりません。

プロペシアの服用に加えて、良質な睡眠を取り栄養素のバランスに気を配って食生活を送るのは髪の毛にとって良い要素なので、AGAの進行をストップさせるために努力してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメカニズム