プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアを服用するタイミングは?

   

プロペシアだけではなくミノキシジルタブレットのような内服薬にも該当する話ですが、AGAの治療薬は服用するタイミングは特に決まっておりません。

「○○に飲むのが効果的なタイミング」と定められているわけではなく、いつ服用しても個人の自由なのがプロペシアの大きな特徴となっております。

服用するタイミングにより、効果が上下したり副作用のリスクが変化したりということは絶対にないはずです。

朝昼晩いつ飲んでも構いませんし、1日に1錠を服用するという用量さえ守っていれば良いので、起床時や就寝前に服用することもできます。

とは言え、飲み忘れてしまうリスクを考慮するならば、仕事で忙しいタイミングを避けるのがベストです。

AGAは病気ではないので絶対に治療を受けなければならないわけではありませんし、1日や2日飲み忘れたからといって急激に抜け毛や薄毛の症状が進行することはないでしょう。

それでも、十分なプロペシアの効果を得てAGAによる薄毛を少しでも解消したいと考えているのならば、毎日欠かさずに服用しなければならず、「夕飯後に服用する」「就寝前に服用する」と自分の生活の中に馴染ませるのがポイントです。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂のホームページでも、プロペシアの飲み方について詳しく説明されているので、購入する前に一度確認しておいてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記ではプロペシアを服用するタイミングは個人の自由だと説明致しましたが、少しでも効果を高めるために24時間サイクルで飲み続けるべきです。

プロペシアを服用することでフィナステリドが体内へと行き渡り、DHTの抑制を図ってくれるので抜け毛や薄毛の症状が和らいでいきます。

このフィナステリドの血中濃度を一定にするのが大事なので、「前日の夜に飲んで当日の朝に服用し、明日の夜にまた飲む」という飲み方よりも、毎日決まった時間に服用した方が良いのはお分かり頂けるはずです。

元々副作用の少ない内服薬ですが、フィナステリドの血中濃度が高まりすぎれば副作用のリスクが上がり、血中濃度が低くなりすぎれば本来の効果を得られなくなるので注意しましょう。

とは言え、他のサプリメントや医薬品との相互作用は特に報告されていないので、「○時に服用する」と最初に決め、長期間に渡ってAGA対策を行ってみてください。

 - プロペシアに関するFAQ