プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは手遅れの薄毛にも使用できる?

      2018/04/10

プロペシアは手遅れの薄毛にも使用できるの?

プロペシアは手遅れの薄毛にも使用できるの?

プロペシアを服用してAGAの治療を行う男性の中で、次のような疑問を抱えている方はいませんか?

  • 手遅れの薄毛でもプロペシアは服用できるのか?
  • 手遅れの薄毛でもプロペシアは効果があるのか?
  • 進行した薄毛に効き目はあるの?

確かに、頭頂部の脱毛が進行してハゲが広がったり、生え際の後退が進んでおでこの面積が増えたりという手遅れの状態でも、何とかして改善したいと考えるのは普通です。

もちろん、男性であればプロペシアを服用できますので、著しく薄毛の症状が進行しても飲むことはできます。

しかし、AGAの症状が進行すればするほど、プロペシアの効果が薄くなると頭に入れておかなければなりません。

手遅れだと見た目で分かるほど薄毛が進行している男性がプロペシアを服用しても、次の理由で期待できる効果が小さくなります。

  • プロペシアに含まれているフィナステリドは直接的な発毛効果を得られるのではなく、あくまでもDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制して抜け毛を減らす作用しかない
  • ハゲを放置していると毛母細胞が老化してプロペシア自体が効かなくなる
  • 元々の髪の毛の量が少なければ抜け毛の量を減らしたところで意味がない

「AGA治療薬のプロペシアを服用すれば誰でも髪の毛がフサフサになる」という考え方は間違っていますので注意が必要です。

 

症状の進行を防ぐためにプロペシアを服用するのは選択肢の一つ!

AGAを治療するのに手遅れかそうでないかを自分で判断するのは難しいため、症状の進行を防ぐためにプロペシアを服用してみるのは一つの選択肢となっています。

毛母細胞が死滅して細胞分裂が行われていなければ、プロペシアを服用してもミノキシジルが含まれた育毛剤をしても回復は難しく、新たに髪の毛を植え付ける自毛植毛か人工毛植毛を受けなければならないのです。

この毛母細胞が死んでいるかどうかは肉眼では確かめられませんし、どの程度抜け毛や薄毛が回復するかはAGA治療を開始してみなければ分からないので、「もう自分は手遅れだ」と諦めるのではなく、プロペシアを服用してみてはいかがでしょうか。

AGAの治療としてプロペシアは日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ていますので、AGAによる抜け毛や薄毛の回復のために使ってみる価値は大いにあります。

何もしなければAGAによる薄毛は年齢を重ねるにつれて悪化していくため、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入して理想のヘアスタイルを手に入れてみてください。

 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

手遅れではないAGAの症状をまとめてみた

男性によってAGAの進行スピードは大きく異なり、次のような症状であれば手遅れではないと判断できます。

  • 全体的に髪の毛が細くなってボリュームが低下している
  • 前髪が少し後退して生え際が怪しい感じになっている
  • 頭頂部の薄毛が進んで地肌が少し透けて見えている
  • M字の剃り込み部分が後退しておでこが広がっている
  • 頭頂部の髪の毛は長いが地肌が見えている

上記のような症状ならばプロペシアやミノキシジルの使用で改善の余地はありますので、「もう自分の髪の毛を復活させるのは無理だ・・・」と諦める必要は全くありません。

40代や50代の男性が10代の頃のようなフサフサの状態に戻すのは不可能だとしても、薄毛の進行をストップさせられれば今の毛髪を維持できるのです。

ただし、プロペシアの効き目があるのはAGAによる薄毛だけで、円形脱毛症や脂漏性脱毛症など他の薄毛には効果がありません。

効果が得られるかどうかは実際に治療を試してみなければ分からないですし、プロペシアの服用以外にも自分に合った方法があるかもしれないので、様々なAGA治療を実施している専門クリニックへと足を運んでみてください。

 - プロペシアに関するFAQ