プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと耐性

      2018/02/01

医薬品を長期間に渡って服用していると、身体が慣れてきて少しずつ効果が薄れるという耐性が良く話題に上がり、プロペシアにも耐性があるのではないかと考えられております。

内服薬が身体の中に入り込み、薬品を異物と判断して体内から排除しようと抵抗体を作り、だんだんと効き目が薄くなっていくというメカニズムです。

プロペシアの耐性についてはインターネットで話題に上がるケースが多く、「耐性によって効かなくなるのならば服用する意味がないのでは?」と考える男性も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

実際に、プロペシアの耐性に関しては以下のように意見が二分化されております。

<プロペシアに耐性はある>
・内服薬である以上はだんだんと効果が薄れる
・海外の臨床試験を見ると回復のピークが1年目
・服用してみたが一定期間が経過したら抜け毛が増えた

<プロペシアに耐性はない>
・フィナステリドは細菌類に働きかける抗生物質ではないから耐性はない
・抜け毛の抑制がメインの効果なので耐性とは別物
・服用を続けてみて毛髪量が減ったという実感はない

プロペシアの服用で得られる効果には個人差があるため、上記のように意見が分かれているのかもしれません。

どちらの意見が正しいとは一概には言えず、プロペシアの耐性に関する問題は根拠がないのです。

とは言え、プロペシアにはピークがあり、ミノキシジルのように発毛を直接的に促す医薬品ではなく、服用を続ければ続けるほど髪の毛が伸びるわけではないので注意が必要となります。

脱毛を引き起こすDHTの生成量を抑えて、ヘアサイクルを整えて抜け毛の量を少しでも減らすのがプロペシアの目的ということで、直接的な発毛効果を得るのは難しいのです。

そのため、耐性の有無に関わらず、毛根が死滅してツルツルの状態になった男性がプロペシアを服用したとしても、若い頃の髪の毛を復活させるのは難しいでしょう。

自分の頭皮に髪の毛が残されていなければ服用する意味がないため、プロペシアによるAGA治療はなるべく早めから始めなければならないのです。

仮にプロペシアに耐性があったとしても、効果が全く得られないわけではなく、正しい方法で服用していれば抜け毛の発生を食い止められます。

効果のない内服薬が厚生労働省やアメリカのFDAから認可されるわけがないので、AGAで悩む男性が試す価値は大いにあるのです。

当サイトではプロペシアを激安の価格で取り扱っているオオサカ堂をご紹介しているので、是非一度注文してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのデメリット