プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと体毛

      2018/02/01

プロペシアの副作用で体毛が濃くなるの?

プロペシアの副作用で体毛が濃くなるという噂が飛び交っており、髪の毛だけではなくすね毛や胸毛などが増えたと感じている男性はいらっしゃいます。

男性ならば体毛が濃くなることについてそこまで神経質に考えないかもしれませんが、「髭を剃るのが面倒くさい」「これ以上ギャランドゥが濃くなると恥ずかしい」と考えるケースは少なくありません。

プロペシアは毛乳頭細胞に存在している5αリダクターゼの働きを阻害し、毛母細胞の活動を停止させたりヘアサイクルを狂わせたりするDHTの量を減少させることで抜け毛の量を減らすというメカニズムになっております。

つまり、髪の毛を薄くさせる根本的な原因を排除できる医薬品がプロペシアで、内服薬だと効果が全身に行き渡るため、体毛が濃くなると言われているのではないでしょうか。

確かに、医薬品なのでプロペシアの服用で少なからず副作用のリスクはあるものの、5αリダクターゼは前頭部や頭頂部など身体の限られた部分にしか存在しません。

そして、AGAが発症するのは頭部だけなので、内服薬の服用で有効成分が全身に行き渡ったとしても、体毛が濃くなる可能性は非常に低いのです。

抜け毛を防ぐのがプロペシアの大きな効果で、発毛を直接的に促すわけではないため、体毛が濃くなったというのは勘違いだと言えます。

基本的にプロペシアは副作用の少ないAGA治療薬なので、抜け毛の増加や薄毛の進行で悩んでいる男性は、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記ではプロペシアの服用により、体毛が濃くなる副作用は引き起こされにくいと説明致しました。

しかし、同じAGA治療薬のミノキシジルタブレットの場合、体毛に変化が生じる可能性があります。

「ミノキシジルタブレット以上に生える育毛剤はない」と言われている内服薬で、血行を促して栄養分を行き渡らせやすくすることで直接的な発毛効果が得られるのです。

抜け毛を減らすのがプロペシアの効能に対して、ミノキシジルタブレットの効能は直接的に髪の毛を増やすことで、これが2つの医薬品の大きな違いなのではないでしょうか。

ミノキシジルタブレットの服用で厄介な副作用の一つだと考えられているのが体毛の増加で、手の甲やまつげ、腕毛や胸毛などありとあらゆる部分の体毛が濃くなったと報告している男性はいらっしゃいます。

体毛の増加がどうしても気になるのならば、ミノキシジルタブレットではなくプロペシアを服用してAGAの治療を進めてみてください。

 - プロペシアのデメリット