プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと胎児

      2018/02/01

プロペシアの胎児への影響について

AGA治療薬のプロペシアは胎児へと悪影響を与えるため、男性専用の内服薬と定められており、女性は絶対に服用してはいけません。

現在では男性だけではなく、女性でも抜け毛や薄毛で悩む人が増えている傾向にあります。

しかし、妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、男性ホルモンを抑制するフィナステリドが体内へと行き渡り、胎児が男児だった場合は生殖器の奇形のリスクが生じるのです。

男性にとっては脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制してくれるので、非常に効果的なAGAの治療薬ですが、体内にとって不要な物質ではなく、男性器を形作る役割があります。

そのDHTの生成量が減少すれば、お腹の中の胎児に悪影響が生じるのは想像できるのではないでしょうか。

プロペシアは内服薬なので、有効成分のフィナステリドが血液に溶け込み、赤ちゃんにも影響が及ぶため、妊娠中の女性はプロペシアの服用だけではなく錠剤に触れることも禁じられております。

内服しないとしても、錠剤の破片が皮膚に付着すれば体内へと溶け込む可能性があるので、妊娠中の女性と一緒に住んでいる男性はプロペシアの取り扱いに細心の注意を払わなければならないのです。

安全性の高いAGA治療薬として知られておりますが、医薬品という点では何ら変わりはないので、飲み方だけではなく保管方法や取り扱い方法に関しても事前にしっかりと確認しておいてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、子作りを考えている男性の中には、「プロペシアのフィナステリドが精液に移行して胎児に悪影響が生じないのか?」という疑問を抱えるかもしれません。

プロペシアと子作りというページでも説明致しましたが、精液中にフィナステリドが混入する量は少量なので、胎児に悪影響が出ることはなく、無視できるレベルだと言われております。

臨床試験の結果でも胎児に影響を与える量ではないと分かっておりますし、取り扱い方法にだけ注意していればプロペシアを服用してAGA治療を行いながら子作りは可能なのです。

担当医師に相談しても、「問題ない」と回答されるはずなので、そこまで神経質になって考える必要性はないでしょう。

それでも、「100%大丈夫です」と自信を持って言い切れるわけではありませんし、天文学的な数値だったとしても少なからずリスクがあります。

そのため、自分勝手な判断でプロペシアを服用するのではなく、パートナーと話し合って慎重に決めることが大事です。

AGA治療薬のプロペシアは旦那さんだけではなく、家族全員に関係するものだと頭に入れておいてください。

 - プロペシアのデメリット