プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと睡眠障害

      2018/02/01

プロペシアの服用による副作用で睡眠障害が報告されており、眠れなくなったと感じている男性は少なからずいらっしゃいます。

内服薬による影響は個人によって大きく異なり、無気力になったり不眠症などの睡眠障害を患ったりと、様々な症状で悩まされるのかもしれません。

しかし、プロペシアの添付文書の副作用の項目では、睡眠障害という項目はありませんでした。

とは言え、うつ症状を訴える男性はいらっしゃいますし、抜け毛や薄毛によるストレスが積み重なって睡眠障害を発症したと考えられます。

睡眠障害は何かしらのストレスによって生じる心理的原因が多く、対人関係や仕事上の問題が大きく関わっているのです。

心理的な要因による睡眠障害をストレス性睡眠障害と呼んでおり、周りの環境が変化しても内部の状態を一定の範囲内で保つための生体恒常性(ホメオスタシス)が一時的に乱れることで生じます。

発汗や呼吸などの機能を携わっている自律神経のバランス崩れも考えられ、寝付きが悪い入眠障害や、朝早くに目覚める早朝覚醒で悩まされるようになるのです。

このように、プロペシアの副作用が引き金ではなく、精神的なストレスが加わっていると考えた方が良いのではないでしょうか。

薄毛で悩んでいる男性は、「周りから見られているかも」「なぜこんなに髪の毛が薄いんだ」とストレスを溜め込むケースが多くなっております。

ストレスは抜け毛にも大きく影響するため、プロペシアの服用でAGA対策を行うだけではなく、ストレスを発散する対策も毎日の生活の中で行うようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、人間ならばちょっとした体調の変化で眠れなくなることがあり、1日や2日といった短い期間ならば睡眠障害を患っているとは言えません。

しかし、睡眠の問題や日中の眠気の問題が1ヶ月間以上に渡って続く場合は、何かしらの睡眠障害を患っていると考えるのが普通です。

このままでは寝ている時に分泌される成長ホルモンの量が滞り、髪の毛の成長が阻害されて抜け毛や薄毛へと繋がります。

それに、普段の疲れが取れないことで集中力や判断力の低下を引き起こす結果になるため、プロペシアの服用の有無に関わらず、早めに専門医を受診して治療を行うべきです。

睡眠障害と一口に言っても、睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群や、夢遊病のような症状があらわれる睡眠時随伴症、自ら望む時間に睡眠がとれない概日リズム睡眠障害など、幾つもの種類が挙げられます。

それぞれの症状によって対策方法や治療方法は異なるので、専門医の指示に従って対処するようにしてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気