プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとステロイド

      2018/02/01

「プロペシアにステロイド剤は含まれているの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

ステロイドとは副腎皮質ホルモンの一つで炎症を抑えたり免疫力を抑制したりという効果があるものの、副作用のリスクが高いのが大きな特徴です。

しかし、プロペシアにはステロイドホルモンは一切含まれておらず、20歳を超えた成人男性ならば誰でも服用してAGAの対策に繋げられます。

副作用も少なく、比較的安全な医薬品ということで世界60ヶ国で承認されており、AGA治療の基本と言っても過言ではありません。

発毛を直接的に促す効能はないものの、体内で発生するDHTを抑制して抜け毛の症状をストップさせられるので、AGA対策として画期的な内服薬なのです。

とあるサイトでは、「プロペシアはステロイドホルモン剤だから恐ろしい」と記載されておりました。

このサイトを見た男性は不安を抱えるかもしれませんが、プロペシアにステロイド剤が含まれているというのは間違った情報で、用法と用量を守っていれば安全にAGAの進行をストップさせられます。

AGAは進行性の病気で何も対策を練らなければ抜け毛や薄毛の症状は次第に悪化していくため、プロペシアの服用が効果的だと考えられているのです。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂では、医療機関で処方されるよりも安い価格でプロペシアを入手できるので、公式ホームページで詳細を確認してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、ステロイド剤の服用中に引き起こされる副作用には個人差がありますが、「男性型脱毛症の促進」「ニキビなど肌荒れが生じる」「前立腺が肥大する」という3つが有名です。

特に、筋肉増強剤として知られているアナボリックステロイドを使用すると、これらの副作用が引き起こされやすくなります。

体内で発生するDHT(ジヒドロテストステロン)が増えればヘアサイクルが乱れ、抜け毛の症状が悪化していくので、プロペシアの服用でDHTを抑える処置がAGAの対策として大事なのです。

もちろん、DHT(ジヒドロテストステロン)は体内にとって不要な存在ではなく、二次性徴と密接な関わりがあり、体毛を生やしたり陰茎を成長させたりと男性にとって欠かせないホルモンとなっております。

しかし、体内での生成が増えればAGAや前立腺肥大症を引き起こす原因となりますし、ステロイドサイクル中はこのDHTが増えるので、プロペシアを服用するのがベストかもしれません。

何かしらの病気を治すためにステロイド剤が医師から処方されることもあるので、詳しいことは専門医に伺ってみてください。

 - プロペシアと関係のある薬