プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは早期に服用した方が良いの?

   

AGAによる抜け毛や薄毛といった症状に効き目のある内服薬がプロペシアで、厚生労働省や日本皮膚科学会といった場所で高い支持を得ております。

しかし、全ての男性が同じ効果を得られるわけではなく、早期の服用をしている人ほど改善へと繋がりやすいことが分かりました。

それは、AGAが進行性の病気というのが大きな理由で、年齢を重ねれば重ねるほど症状が悪化していきます。

同じようにAGAを発症していたとしても、30代の男性と60代の男性とでは大きく異なり、髪の毛が頭皮に残っている早期の段階で処置を施した方が回復へと繋がりやすいのは何となく想像できるはずです。

アメリカのハミルトン医師は薄毛のパターンは幾つかに分類しており、「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれております。

抜け毛や薄毛が進んで、後頭部や側頭部の髪の毛もほとんど残っていない状態のⅦ型でプロペシアを服用したとしても、発毛を直接的に促す内服薬ではないので効き目はないのです。

あくまでも男性ホルモンの産生を抑えて抜け毛を予防するのがプロペシアの服用によって得られる効果なので、髪の毛が残っているうちに早期服用して対策を練った方が良いでしょう。

症状が進めば進むほど改善が難しくなり、元の状態に戻すのが困難になるので、プロペシアに限らずAGAは早期治療を心掛けるべきだと言われているのです。

年齢が若ければ若いほど効果が得られるので、AGAの進行を少しでもストップさせたいという男性は、早めにプロペシアを飲み始めてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアの中に含まれているフィナステリドの臨床試験を実施したところ、1年間で薄毛が進行した男性は2%という結果が出ました。

残りの98%の男性は改善と不変に該当し、プロペシアの服用で最低でも現状維持効果は得られるのです。

そのため、まだAGAの症状が著しく進行しておらず、「髪の毛が薄くなっているような気がする」「抜け毛が以前と比べて増えたような気がする」という症状でも、予防のためにプロペシアを服用してみるのは良いかもしれません。

成人男性ならばプロペシアは誰でも服用できますし、身体への負担や副作用は比較的少ない内服薬なので、病気のリスクが一気に高まることはないはずです。

自分では抜け毛の量がちょっと増えただけだと感じていても、頭皮をマイクロスコープでチェックすると全体的に細く弱くなっており、薄毛が進行している可能性は十分にあります。

もちろん、素人が自分の髪の毛を見て正確に確かめられるわけではないので、不安な人は一度AGA治療を専門的に行っているクリニックへと足を運んでみてください。

 - プロペシアに関するFAQ