プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

側頭部へのプロペシアの効果

      2018/02/01

「プロペシアは側頭部の薄毛にも効果があるの?」という疑問を抱えている男性はいらっしゃいます。

プロペシアは薄毛の治療として積極的に用いられている内服薬ですが、髪の毛を生やす医薬品ではなく男性ホルモンの生成を抑えるのが目的なので注意が必要です。

AGAを発症した男性は、頭のてっぺんか前方部分の髪の毛が薄くなり、男性ホルモンが細胞の中で酵素と結び付いて悪玉男性ホルモンに変わり、受容体と結合することで毛乳頭を攻撃して抜け毛が増えるというメカニズムになっております。

プロペシアは酵素の働きを阻害する作用を持ち合わせているため、毎日服用を続けることで悪玉男性ホルモンの生成量が少なくなり、薄毛の改善に繋がるのです。

しかし、男性ホルモン受容体は頭頂部や前頭部にはありますが、側頭部には存在しません。

つまり、側頭部の薄毛はAGAではなく別の要因が絡んでいると考えられ、プロペシアを服用しても大きな効果を得ることはできないのです。

側頭部の薄毛で悩んでいる男性は、円形脱毛症や血行不良といった原因が考えられ、男性ホルモンとは別の要因で抜け毛が増えております。

そのため、プロペシアの服用ではなく、別の方法で抜け毛や薄毛を改善しなければならず、正しい対策を練るためにも医療機関で専門医に診てもらうのがベストです。

一方で頭頂部や前頭部といった部位の薄毛が進行しているのならば、高確率でAGAだと考えられるので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂でプロペシアを購入し、毎日服用して改善を試みてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、側頭部だけではなく後頭部にも5αリダクターゼと呼ばれる酵素が存在しないため、AGAによる影響を受けにくい部位となっております。

頭頂部や前頭部の薄毛が進行しても、頭の後ろや側面の髪の毛だけは残っているような男性は多いのではないでしょうか。

これは脱毛を引き起こすDHTの影響を受けにくい部位だからで、抜け毛が加速する頭頂部や前頭部とは大きく異なります。

つまり、側頭部や後頭部の髪の毛が薄くなってきたのならばプロペシアでは改善できませんし、別の要因を探った方が良いかもしれません。

精神的なストレスによる自己免疫疾患の円形脱毛症や、乱れた生活習慣による血行不良など、側頭部の薄毛の原因は多岐に渡ります。

何が原因で髪の毛が薄くなっているのか素人では正しい判断を下せないため、専門的な知識のある医師の指示に任せるのがベストなのはお分かり頂けるはずです。

現在では頭髪専門外来を用意している医療機関も増えているので、自己判断で対処せずに病院を訪れてみてください。

 - プロペシアの部位