プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとシテロン

   

AGA治療薬のプロペシアは特に飲み合わせが悪い薬は存在しないため、アンドロキュアーのジェネリック医薬品のシテロンと併用できます。

多くの医薬品は併用禁忌薬が設定されており、一緒に服用することで効果が下がったり副作用のリスクが高まったりという弊害があるのです。

しかし、プロペシアでは特に併用禁忌薬はないため、シテロンのようなホルモン剤やバファリンのような頭痛薬と併用できます。

そもそも、シテロンとは主成分の酢酸シプロテロンが配合された抗アンドロゲン薬で、病院で処方してもらったり個人輸入代行業者で購入したりという方法で入手可能です。

どのような効果があってどのような用途でシテロンが使用されているのか見ていきましょう。

・抗アンドロゲン作用で前立腺ガンの治療に用いられている
・男性の性転換治療に用いられている
・女性のニキビや多毛症といった治療に用いられている
・男性ホルモンが抑えられるので肌が白くなったり体毛が薄くなったりする

男性ホルモンを抑える効果がメインで、「AGAの治療に繋げられるのではないか?」と考える男性は多いかもしれません。

確かに、AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンと酵素が結び付いてDHTが生成され、この物質がヘアサイクルを狂わせて抜け毛の症状を悪化させるのです。

プロペシアと似たような作用が期待できるものの、AGAの治療薬として開発されたわけではありませんし、身体の女性化といった副作用があるので避けた方が良いでしょう。

プロペシアはシテロンとは違って男性ホルモンに作用するのではなく、酵素の5αリダクターゼを抑える安全性の高い内服薬なので、当サイトでご紹介しているオオサカ堂で購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアと同じようにシテロンも医薬品なので、副作用のリスクがあります。

ニキビや多毛症の治療で用いている女性はいらっしゃいますが、どのような副作用が引き起こされるのか確認しておかなければなりません。

・疲労感
・倦怠感
・息切れ
・活力の低下
・体重の変化
・骨粗鬆症
・肝機能障害
・肌の乾燥
・排卵機能の異常

50mg~100mg錠では1日に1錠を2回から3回に分けて服用するのが正しい飲み方で、用量や用法を守っていれば重篤な副作用で悩まされることはないはずです。

それでも、自分勝手な判断で量を増やしたり回数を多くしたりしていると、不快な症状で悩まされやすくなります。

シテロンに限らずプロペシアでも同じことが言えますし、量や回数を変えても効果が倍増するわけではないので十分に注意してください。

 - プロペシアと関係のある薬