プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとセロトニン

   

抜け毛の原因の一つとして精神的なストレスが関わっており、人間が生きていく中でストレスが溜まるのは不思議ではありません。

しかし、そのストレスを上手く発散できていないと血行不良に陥り、毛根への栄養供給が滞って抜け毛や薄毛の症状が悪化しやすいのです。

プロペシアを毎日欠かさずに服用していても抜け毛の量が抑えられないという男性は、ストレスが溜まりすぎていることが原因なのではないでしょうか。

仕事やプライベートなど、私たちは毎日の生活でストレスを感じやすく、それを上手く発散させなければならないのです。

ストレスが溜まる際に深く関わっている物質がセロトニンで、ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ三大神経伝達物質の一つとなっております。

セロトニンは人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定を図ったり安らぎを与えたりしてくれるため、「幸せホルモン」とも呼ばれているのです。

プロペシアとセロトニンが直接的に関わっているわけではないものの、このホルモンが不足するとうつ病や不眠症といった精神疾患に陥りやすく、髪の毛にとっても悪影響なのでセロトニンを増やすために以下のような対策を練ってみてください。

 

朝日を浴びる

セロトニンを増やす最も簡単な方法が朝日を浴びることで、体内時計がリセットされてセロトニンの分泌にスイッチが入ります。

昼夜逆転の生活をしていたり、日中に部屋の中に引きこもったりしているとセロトニンだけではなく、睡眠作用のあるメラトニンの分泌バランスも崩れるのです。

その結果、睡眠不足に陥れば成長ホルモンの分泌が損なわれ、髪の毛が太く長く成長できなくなるので、プロペシアの効果は下がります。

そのため、朝起きたら最初に外に出て朝日を浴び、心身ともにリフレッシュしてみましょう。

 

軽い運動を行う

ウォーキングやサイクリングなど、軽く身体を動かす有酸素運動もセロトニンを増やす方法の一つです。

30分程度の有酸素運動でも、毎日定期的に続ければセロトニンの分泌は自然と活性化されます。

スクワットや階段の昇り降りなど、リズミカルな運動も効果的で、身体を動かして新陳代謝が活性化されれば頭皮への栄養供給が促進され、栄養素が行き渡って抜け毛や薄毛の改善に繋がるはずです。

 

トリプトファンやビタミンB6を摂取する

セロトニンを作り出すのに必要な栄養素がトリプトファンで、ビタミンB6はセロトニンの合成を助けてくれます。

この2つの栄養素の不足を補っていれば、セロトニンの分泌は加速されるのです。

トリプトファンはヨーグルトや豆乳、ビタミンB6は鶏ひき肉やニンニクといった食べ物の中に含まれております。

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素