プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは産婦人科で処方されているの?

   

「プロペシアは産婦人科で処方されているの?」という疑問を抱えている女性はいらっしゃいます。

AGA専門クリニックだけではなく、一般的な皮膚科でも現在ではプロペシアが処方されており、入手が簡単になりました。

そのため、産婦人科でも処方されているのではないかと考えている方は多いものの、そもそもプロペシアは男性専用の薄毛治療薬です。

女性がプロペシアを服用することは禁じられているため、産婦人科ではこの内服薬は取り扱われておりません。

全ての脱毛症に効き目がある医薬品ではなく、男性ホルモンと深く関わっている男性型脱毛症(AGA)にしか効き目がないという特徴があります。

AGAは男性ホルモンと密接な関わりがあり、プロペシアが酵素の働きを抑えて脱毛を引き起こすDHTの産生を防いでくれるからこそ、抜け毛や薄毛の対策に繋げられるのです。

そのため、女性が服用しても全く意味がありませんし、効果が得られないどころか妊娠中の女性が服用するとフィナステリドがDHTの産生を抑え、男児の生殖器の発育に悪影響を及ぼします。

つまり、女性にとって危険性の高い内服薬なので、産婦人科で処方されていない理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

直接的な服用だけではなく、成分が肌に触れると皮膚から体内へと吸収されるリスクがあるため、錠剤に触れることも禁じられているのです。

女性と一緒に生活している男性がプロペシアを使ってAGA治療を行う際には、錠剤の取り扱いに細心の注意を払ってください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、女性はプロペシアを服用できないものの、他の方法で抜け毛や薄毛の対策を練ることは十分にできます。

薄毛は何も男性だけが悩む症状ではなく、びまん性脱毛症やひこう性脱毛症により、抜け毛が増えている女性は少なくありません。

薄毛で悩む女性は600万人と推定されているので非常に多いですし、産後の女性はホルモンバランスの崩れによって症状が悪化しやすいため、産婦人科を受診して対策を練るのは選択肢の一つです。

産婦人科で実施されている薄毛治療はホルモンの補充療法で、最初に血液検査でホルモンの乱れを確認し、その後に個人の症状や体質に合わせて注入していく形となります。

抜け毛や薄毛だけではなく、ホルモンバランスの乱れによって他の不快な症状が引き起こされている女性にもおすすめで、特に大きな副作用もないので安心です。

とは言え、女性の薄毛治療は産婦人科で行うよりも、皮膚科や精神科も一緒にあるような総合病院の方が適切な対処をしてくれるので、一度訪れてみてください。

 - プロペシアに関するFAQ