プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと緑内障

   

視神経に異常が引き起こされて目で見た情報が脳に上手く伝わらず、視力に障害が引き起こされる病気を緑内障と呼び、年齢を重ねれば重ねるほど発症リスクは高まります。

40歳以上では20人に1人は緑内障の患者さんがいらっしゃるというデータも出ており、誰でも患う可能性は十分にあるのです。

緑内障を治療するに当たっての薬と、AGA治療の内服薬のプロペシアを同時に併用して問題ないのかという疑問を抱えている男性はいらっしゃるかもしれません。

2つの医薬品の併用で効果が下がったり、副作用のリスクが高まったりするのではないかという不安はつきまといます。

しかし、プロペシアの添付文書では特に飲み合わせの悪い医薬品は記載されておらず、これは緑内障の治療で使われる緑内障眼圧抑制でも一緒です。

症状の進行をストップさせるのが緑内障眼圧抑制で、プロスタグランジン系の薬や交感神経系に作用する薬など、医師から処方される種類は大きく異なります。

個人の症状や体調に合わせた医薬品が処方され、それを正しい用法と用量で服用することで緑内障を改善できるのです。

どの医薬品でも、プロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドに作用するものはないため、併用しても安全だということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

もちろん、万が一があるので、今までプロペシアを服用し続けてきたのならば、眼科の医師にその旨を伝えるようにしてください。

さて、緑内障を患っても一気に視力が低下して見えにくくなるわけではなく、少しずつ症状が進行していくのが特徴なので、病気の発見に遅れるケースは多々あります。

緑内障の初期:見え方で異常に気付くことは少ない
緑内障の中期:視野が欠けて暗点が広がるものの、気付かないことも多い
緑内障の後期:見える部分が著しく狭くなって日常生活に異常が生じる

また、房水の排出が正常に行われずに眼圧が上昇する原発開放隅角緑内障や、視神経が傷害された正常眼圧緑内障、遺伝によって隅角に異常が生じて眼圧が高くなる発達緑内障など幾つかの種類に分かれます。

どのような種類の緑内障でも放置して自然と治るような病気ではないため、病院を受診して専門医の指示に従って治療を受けなければならないのです。

日常生活を送る上での注意点を専門医から受けることもあるはずなので、今以上に症状を悪化させないためにも正しい対処を行うようにしてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気