プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとルリッド

      2018/02/01

病原菌の増殖を抑えるように働きかける感染症治療用の抗生物質がルリッド錠で、有効成分としてRoxithromycin(ロキシスロマイシン)が含まれております。

Roxithromycin(ロキシスロマイシン)の効能により、ルリッドの服用で以下のような病気の治療に繋がるのです。

ぶどう球菌:皮膚感染症の一種
マイコプラズマ:肺に感染して咳や発熱が引き起こされる
リンパ節炎:リンパ節の炎症で腫れと圧痛を伴う
表在性皮膚感染症:皮膚の真菌によって引き起こされる感染症
慢性膿皮症:肛門の周囲に皮下膿瘍が発生する病気
腎盂腎炎:細菌の感染が原因で血尿や混濁尿が引き起こされる
歯周組織炎:歯周組織に細菌が感染して壊されていく病気

上記のような病気の治療のために、医師からルリッドが処方されることがあります。

ルリッドを服用して治療するに当たり、プロペシアとの併用は問題がないのかどうか気になるかもしれません。

プロペシアは長期間に渡って服用しなければならない内服薬で、AGAの治療中に細菌感染が引き金となる病気に悩まされることはあるはずです。

しかし、プロペシアは併用禁忌薬が特に定められていない内服薬なので、AGAの治療を進めながらルリッドを服用することができます。

1週間や2週間といった短い期間に渡ってプロペシアを服用しても、抜け毛や薄毛の症状を食い止められるわけではないのです。

長期間に渡って服用してこそ、少しずつ効果が出てくるような内服薬なので、患った病気を治しながらAGA対策を行っても問題はないでしょう。

逆に、ルリッド錠の添付文書の中にも、「プロペシアと併用してはいけない」「フィナステリドと併用してはいけない」という記載はなかったので安心して服用できます。

ただし、使用上の注意として慢性気管支炎など呼吸器疾患の治療に用いられるテオフィリンや、血栓症の予防や治療として用いられるワルファリンカリウムの同時服用は危険だと書かれておりました。

テオフィリン⇒ルリッド錠との併用で血中濃度が上昇して悪心や嘔吐などの中毒症状が引き起こされる
ワルファリンカリウム⇒ワルファリンの作用が増強して出血症状が引き起こす恐れがある

上記のように、ルリッド錠に限らず、医薬品の中には併用禁忌薬が設定されているものがあるため、自己判断で服用せずに専門医の指示に従って治療を進めてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある薬