プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとロゲイン

      2018/02/01

プロペシアとロゲインの併用は効果が高いの?

rogaine

内服薬と育毛剤の併用は実に効果的なAGAの対策なので、プロペシアとロゲインの両方を使ってみるべきです。

プロペシアは言わずと知れたAGAの治療薬で、脱毛を引き起こす活性型男性ホルモンのDHTの産生を抑えて抜け毛の発生を食い止めてくれます。

一方で、アメリカの製薬会社のファイザー社が販売しているミノキシジル配合の育毛剤がロゲインで、正式にFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けました。

ミノキシジルが配合された育毛剤としてアメリカではロゲインが最も人気で、血管拡張作用によって頭皮の血流を促し、毛母細胞を活性化させられるのです。

プロペシアの服用だけでは抜け毛を抑える効果しか得られないため、ロゲインとの併用が良いのは想像できるかもしれません。

ロゲインは液状タイプと泡状タイプの2種類の育毛剤が登場しており、個人輸入代行業者のオオサカ堂では液状タイプ2本セットで6,091円、くろぐろ本舗ではフォームタイプ1本で4,300円という価格で販売されております。

プロペシアと併用すると、1ヶ月当たり10,000円以上のコストがかかるものの、医療機関でAGAの治療を受けるよりも遥かに安いですし、薄毛の症状が進行しているのならば内服薬と育毛剤の両方を使った方が良いのです。

ロゲインはミノキシジルの配合率が5%とそこまで高くないので、初めて育毛剤を使う男性でも違和感なく毎日の生活に取り入れられるのではないでしょうか。

当サイトでご紹介しているオオサカ堂では、プロペシアもロゲインも販売されているので、薄毛の症状を食い止めるために是非一度使用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

>>> ロゲインの詳細はこちら

 
さて、これはプロペシアにもロゲインにも該当する話ですが、全ての抜け毛や薄毛に効果を発揮するわけではありません。

基本的に、プロペシアに含まれているフィナステリドも、ロゲインに含まれているミノキシジルもAGA(男性型脱毛症)に効果が限られております。

そのため、円形脱毛症や女性特有の産後の脱毛症には効き目がありませんし、プロペシアに至っては妊娠中の女性にとって危険な成分が含まれているので、絶対に服用してはいけないのです。

そこで、抜け毛や薄毛の症状で悩まされている女性には、女性用のロゲインの「Rogaine for women」をおすすめします。

「Rogaine for women」はミノキシジルの濃度が2%と控えめですし、頭皮の痒みが少なく、肌質の弱い女性でも安心して使用できるのです。

とは言え、抜け毛の量が少し増えただけでミノキシジルが含まれた育毛剤を使わなければならないわけではなく、生活習慣の見直しで改善できるかもしれないので、不規則な生活を改める努力も行ってみてください。

 - プロペシアと関係のある育毛剤