プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアのリスク

      2018/02/01

プロペシアを服用してAGA治療を行うことでの最大のリスクは副作用です。

プロペシアの服用によって副作用が引き起こされる確率は、服用者全体の2%~5%程度だと言われております。

全ての男性が副作用を訴えるというわけではありませんし、引き起こされる症状も軽いものばかりなので、そこまで神経質になる必要性はありません。

それでも、不快な症状で悩まされるリスクは少なからずありますし、プロペシアが医薬品という点では変わりないので、正しい知識を得た後で服用を続けなければならないのです。

プロペシアの服用によって引き起こされる可能性のある症状としては、性欲減退や男性機能の低下、勃起不全や肝機能障害が挙げられます。

他にも、蕁麻疹や発疹などの過敏症や、精液の質低下といった副作用のリスクもあるため、服用を続けて身体に異常があらわれた場合は投薬を中止して専門の医師に相談した方が良いのではないでしょうか。

特に、肝機能障害に関しては、国内でプロペシアを販売しているメーカーの万有製薬が2007年に使用上の注意事項として追加しました。

プロペシアの副作用で直接的に肝機能障害のリスクがアップするわけではないものの、内服薬自体が肝臓に負担が加わるため、元々肝臓が弱っている方にとっては危険性が高いのです。

もし、プロペシアの服用で身体が重く感じたり、全身の倦怠感が引き起こされたりした場合は、できる限り使用を控えた方が良いかもしれません。

当サイトでは個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しておりますが、自分の身体に不安が残る男性はAGAクリニックを受診して医師から処方してもらってください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアは妊娠時の女性が服用すると、男児に生殖器異常が引き起こされるリスクが増すというデータが出ております。

AGAの引き金となるDHT(ジヒドロテストステロン)は体内にとって不要な存在というわけではなく、細胞分裂を繰り返して男児の生殖器を形成するために欠かせない存在なのです。

つまり、妊娠中の女性の体内にプロペシアが入り込み、フィナステリドの効果によってDHTの量が減少すれば、男児の身体に悪影響が生じるリスクは当然のように増します。

そのため、プロペシアは男性のAGA治療にしか用いられず、どんなことがあっても女性は服用してはいけないのです。

同じような理由で、まだ思春期を終えていない少年もプロペシアを服用してはいけません。

思春期の段階で抜け毛や薄毛といった症状で悩まされるケースは多いものの、医薬品の服用によるリスクは非常に大きいので、別の方法を考えてください。

 - プロペシアのデメリット