プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとリレンザは併用できる?

   

A型とB型の両方のインフルエンザに効果がある治療薬がリレンザで、病院で処方されることがあります。

「リレンザの登場によってインフルエンザの治療は変わった」と言われるほど効果が高く、吸入によってウイルスの増殖を抑えて感染を予防してくれるのです。

このリレンザを服用するに当たって、「プロペシアと併用しても良いのだろうか?」という疑問を抱えている男性は少なくありません。

確かに、プロペシアの服用によるAGAの治療には長い期間がかかり、途中でインフルエンザを発症するケースは十分にあります。

結論から言うと、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)を抑える作用のあるプロペシアには併用禁忌薬がなく、どんな薬と飲み合わせても効果が低くなったり副作用のリスクが上がったりすることはないのです。

簡単に毎日の生活に取り入れられますし、1日に1錠を服用するだけなのでAGA治療としてプロペシアが最善の手段だと言われているのではないでしょうか。

プロペシアの中に含まれている有効成分のフィナステリドは24時間で体内から失われるという特徴があり、抜け毛予防効果を得るためには毎日飲み続けなければなりません。

インフルエンザを患っているのならばリレンザでその治療に専念するべきですが、併用しても大きな弊害はないのです。

もちろん、万が一のトラブルが身体に引き起こされる可能性はあるので、念のためにリレンザを処方してもらった医師へとプロペシアを飲んでも良いかどうか伺っておいた方が良いと思います。

当サイトでは、プロペシアを格安の料金で取り扱っている個人輸入代行業者のオオサカ堂をご紹介しているので、抜け毛や薄毛の進行を食い止めるために服用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、リレンザやプロペシアは健康補助食品ではなく医薬品に該当し、基本的には医師の処方によって入手する形となります。

現在ではプロペシアに関しては個人輸入代行業者から購入できるものの、原則的には医師の処方箋がなければ入手できないのです。

リレンザに関しても一緒なので、マツモトキヨシやサンドラッグといった薬局では販売されていません。

インフルエンザの治療や予防に絶大な効果を発揮しますが、医師の判断によっては以下のような医薬品が処方されることもあります。

オセルタミビルリン酸塩(タミフル):ウイルスの増殖を防ぐ
ラニナミビルオクタン酸エステル水和物(イナビル):1回の吸入で治療が完了する
ペラミビル(ラピアクタ):点滴注射薬で吸入が困難な患者さんに使われる

どの医薬品が自分にとってベストなのか素人では正確に判断できないので、専門医の指示に従って服用を続けてください。

 - プロペシアと関係のある薬