プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとリバウンド

      2018/02/01

プロペシアに限らず、AGA治療薬は服用している間だけ作用するため、服用を中止するとリバウンドしやすいという報告が上がっております。

プロペシアに関して説明すれば服用することで5αリダクターゼの働きを阻害でき、結果的に脱毛を引き起こすDHTが作られにくくなるので、抜け毛の減少に繋げられるのです。

しかし、AGA(男性型脱毛症)は進行性の病気で、医薬品の力で酵素の働きを抑えていても、体内では耐えず5αリダクターゼが生成されます。

つまり、プロペシアの服用をやめれば5αリダクターゼが元の状態と同じように働き、抜け毛を抑えられなくなるからこそリバウンドが生じると考えられているのではないでしょうか。

酵素の5αリダクターゼや男性ホルモンの分泌は生きている限りずっと続くため、薄毛の原因を完全に克服するのは不可能だと心得ておくべきです。

ただし、プロペシアの服用によるリバウンドと、女性の間で使われるダイエットのリバウンドとは少々意味合いが異なります。

ダイエットの前よりも体重が増える現象をリバウンドと呼び、「痩せる」⇒「太る」⇒「痩せる」というサイクルを繰り返していると太りやすく痩せにくい体質に変化していくのです。

とは言え、プロペシアの中止によるリバウンドは抜け毛が増えやすい体質に変化したわけではなく、服用前の状態に戻っただけだと説明できます。

以前のAGAの症状よりも悪化しているわけではなく、男性ホルモンのDHTの抑制効果が得られなくなって抜け毛の量が戻っただけなのです。

今までは薬の力で抑えていたDHTが元の量に戻り、抜け毛の量が増え始めたからこそ、リバウンドして以前よりも酷い状態になったと勘違いしてしまうのではないでしょうか。

このような現象はプロペシアだけではなく、リアップやロゲインなどミノキシジルが含まれた育毛剤にも該当します。

これらの育毛剤の中にはミノキシジルが含まれており、この成分は血管拡張作用を持ち合わせているため、栄養素が行き渡りやすくなって直接的な発毛効果が得られるのです。

同時に髪の細胞増殖因子を産生させる役割も持っているので、AGA治療薬として日本皮膚科学会でも高い評価を得ているのかもしれません。

しかし、育毛剤を使用している間は発毛へのプラス要素が働いたとしても、塗布を途中でやめれば血管拡張作用を得られず、以前と同じ状態に戻ってリバウンドしたと錯覚するのです。

プロペシアにしてもミノキシジルにしても、短期間の使用で劇的に抜け毛や薄毛を克服できるわけではないので、根気良く使用するようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのデメリット