プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとキノリンイエロー

      2018/02/01

AGA治療薬として有名なプロペシアは男性から高い支持を得ており、男性ホルモンを抑制して抜け毛の発生を食い止めてくれます。

このプロペシアの後発医薬品であるジェネリック医薬品が数多く登場しており、その中で最も有名なのがシプラ社から販売されているフィンペシアです。

プロペシアよりも圧倒的に安い価格で入手できますし、含まれている成分が一緒というメリットがありますが、キノリンイエロー(Quinoline Yellow)と呼ばれるコーティング剤が含まれているので注意しなければなりません。

キノリンイエローは添加物の一種で、食品や医薬品の着色料として使われているものの、様々な研究によって発ガン性や注意欠陥障害のリスクがあることが分かりました。

摂取によって癌の発症率が確実に上がるというわけではありませんが、その懸念がある以上はキノリンイエローには注意した方が良いでしょう。

食品への添加の安全性が確実に証明されていないということで、日本では化粧品の添加しか認められていないのです。

ヨーロッパの食品安全委員会(EFSA)でも、キノリンイエローの1日の摂取量を10mg/kgから0.5mg/kgへと制限しているため、それなりに危険性が高いことがお分かり頂けるはずです。

今現在でもフィンペシアを販売している個人輸入代行業者は少なからずあるため、安いからといってジェネリック医薬品に手を出すのではなく、正規品のプロペシアを使って対策を練ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、キノリンイエローに発がん性の疑いがかけられてからというもの、2012年にシプラ社は副作用を懸念して海外向け医薬品の製造を中止しました。

しかし、新たにフィンペシアは製造されており、その多くはコーティング剤が含まれていないキノリンイエローフリータイプの内服薬なので安心です。

当然のように抜け毛や薄毛の抑制に繋がるフィナステリドはフィンペシアの中に含まれており、DHTを抑制してAGAの対策に繋げることができます。

キノリンイエローフリータイプのフィンペシアは、以前とパッケージやタブレットの見た目に変わりないため、旧タイプを服用してAGA対策を行っていた男性でも違和感なく使えるはずです。

キノリンイエローが発がん性物質だという科学的な報告はないため、そこまで神経質になる必要はないかもしれません。

それでも、日本では食品への添加が禁止されているのは紛れもない事実ですし、多少なりとも疑いがある以上は摂取を避けるべきです。

キノリンイエローフリータイプのフィンペシアなら安心なので、コストを抑えてAGA対策を行いたい人は是非一度購入してみてください。

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素