プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとプロテイン

   

髪の毛はタンパク質で構成されていることを考えると、抜け毛や薄毛の対策として栄養補助食品のプロテインを摂取するのは一つの選択肢となっております。

AGA治療薬としてプロペシアが人気で世界中の男性が服用しているものの、基本的な効能は抜け毛の抑制で、発毛効果を得るのは難しいのです。

それに、プロペシアの服用で髪の毛の成長が早まるわけではないので、プロテインの併用が良いと言われているのかもしれません。

プロテインの摂取で増毛するのは難しいとしても、髪の毛が太く長く成長するために欠かせないタンパク質が含まれているのは事実です。

毎日の食生活が乱れている男性はタンパク質が不足しやすいため、足りない栄養素を補うためにプロテインを利用するのは理に適っております。

ただし、漫然とプロテインを摂取していると、逆に薄毛の原因を自分から作る形となるため、十分に注意した方が良いでしょう。

プロテインは動物性タンパク質が含まれたホエイプロテインと、植物性タンパク質が含まれたソイプロテインの2種類に大きく分けられます。

ホエイプロテインは動物性タンパク質が原料なので脂肪分を多く含み、消化されにくい脂肪と男性ホルモンが融合し、DHTを作り出す5αリダクターゼが生まれやすくなるのです。

これでは、プロペシアの服用で5αリダクターゼを阻害していたとしても全く意味がありません。

その点、ソイプロテインは植物性のタンパク質がメインで、脂肪分は少なくなっております。

それに加えて、ソイプロテインの中には育毛や発毛に有効なイソフラボンが含まれており、普段の食生活で足りない栄養素を補ってくれるはずです。

このように、ホエイプロテインよりもソイプロテインの方が髪の毛に対しての悪影響が少ないため、プロペシアと併用するならば間違いなくソイプロテインを飲んだ方が良いのではないでしょうか。

とは言え、プロのスポーツマンならばまだしも、一般人がプロテインの摂取し過ぎて身体が慣らされていると、普段の食事からタンパク質が吸収しづらくなるという弊害があります。

あくまでも足りないタンパク質を補う健康補助食品ですし、毎日の食べ物できちんと摂取できているのならば無理にプロテインを飲む必要はないのです。

AGAの対策に焦点を当てるのならばプロテインよりも育毛サプリメントの方が良いので、当サイトでご紹介しているBOSTON(ボストン)を通販で購入してみてください。
 

>>> BOSTON(ボストン)の詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある成分・栄養素