プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとピル

      2018/02/01

「AGA治療薬のプロペシアと経口避妊薬のピルは併用できるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

しかし、プロペシアは男性のAGAを改善するための内服薬なのに対して、ピルは女性が服用する経口避妊薬ということで、併用するのはあり得ないことなのです。

プロペシアにしてもピルにしても、現在では医師の処方箋がなくても、個人輸入代行業者を利用してネット上で入手できるようになりました。

とは言え、ピルには女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンがバランス良く含まれており、男性が服用すると男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減ります。

「AGAの原因はテストステロンだからプロペシアの服用よりもピルの方が効果的なのではないか?」と考えるかもしれません。

確かにその考え方は間違ってはいないものの、テストステロン自体が抜け毛を促しているわけではなく、男性ホルモンを活性型のDHTに変える酵素の5αリダクターゼに原因が潜んでおります。

つまり、テストステロンの分泌量を減らしても5αリダクターゼが多ければ全く意味がありませんし、男性ホルモンは男性が生きていくために欠かせない存在なのです。

そのホルモンの減少によって筋肉量が低下したり、うつ症状が引き起こされたりと様々な懸念があるため、ピルを男性が服用するのは危険だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

ピルを服用した結果、精子数が減ったり性欲が減退したりと男性不妊のリスクが向上するかもしれないので、興味本位で飲むのはやめるべきです。

一方で、プロペシアは性別に関わらず薄毛を対策できる内服薬ではなく、男性のAGA対策のために作られました。

プロペシアは女性でも服用できるの?というページでも説明したように、プロペシアの中に含まれているフィナステリドが妊娠中の女性の体内に入り込むと、胎児の発育に悪影響が加わります。

女性はプロペシアの服用だけではなく、錠剤に触れることも禁じられているので、他の方法を利用して薄毛の対策を練らなければならないのです。

以上のことから、プロペシアとピルは併用できないことがお分かり頂けたかもしれません。

医薬品には使い方や飲み方がきちんと定められており、自己判断で服用すると思わぬトラブルが引き起こされます。

女性の場合、抜け毛や薄毛の症状で悩まされていたとしても、プロペシアを服用して改善できるわけではないので、オオサカ堂で販売されているパントガール(Pantogar)が実におすすめです。

医薬品というよりもサプリメントのような形でびまん性脱毛症や分娩後脱毛症の対策が打てるので、一度パントガール(Pantogar)を購入してみてください。
 

>>> パントガール(Pantogar)の詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある薬