プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとピルカッター

      2018/02/01

pillcutter

硬い内服薬を分割して服用するためのグッズがピルカッターで、綺麗にカットできます。

量販店や通販といった場所でピルカッターは販売されており、プロペシアを服用する際に使おうと考えている男性は多いはずです。

いくら抜け毛抑制効果があるといっても、プロペシアを医療機関で処方してもらうとなると毎月1万円近くかかりますし、個人輸入で入手しても6,000円程度は支払わなければなりません。

しかも、長期間に渡って服用するのがプロペシアの大原則なので、少しでもコストを抑えるためにピルカッターで分割して飲もうと考えるのは不思議ではないはずです。

臨床試験では0.2mgのプロペシアでの抜け毛予防効果や発毛効果が実証されており、理論的には1mgのプロペシアを購入してピルカッターで分割して服用しても問題はないでしょう。

以下のように、ピルカッターの使い方は非常に簡単です。

①お好きなピルカッターを通販で購入する
②ピルカッターのケースを開く
③指定の位置に錠剤をセットする
④フタを占めると刃が錠剤を分割してくれる

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者でもピルカッターは取り扱っており、600円~700円程度と格安の価格で入手できます。

小さな錠剤を5分の1のサイズに割るのは難しくても、半分に割るのは非常に簡単なので、その錠剤を毎日服用していれば2倍は長持ちするのです。

このように聞くと、「プロペシアはピルカッターで割って飲んだ方が良い」と考える男性が多いかもしれません。

しかし、日本でプロペシアの製造や販売を行っているMSD社のホームページや製品の添付文書では、「錠剤を割って飲まないでください」と記載されておりました。

それは、ピルカッターで割って服用した際の有効性や安全性が保証されていないからで、満足のいく抜け毛抑制効果を得られない可能性があります。

それだけではなく、プロペシアをピルカッターで割った際に錠剤の破片が飛び散り、女性の体内に入るという弊害もあるのです。

もし、奥さんや彼女が妊娠しており、プロペシアに含まれているフィナステリドが女性の体内に入ると、お腹の中の胎児に悪影響が加わるリスクが増します。

DHTは脱毛のスイッチを入れる物質なので男性にとっては不要だと考えるかもしれませんが、男児の胎児にとっては生殖器を成長させるために欠かせない存在なのです。

錠剤を服用しなくても皮膚と触れ合うだけで体内に成分が入り込む可能性があるので、一人暮らしの男性ならばまだしも、女性と一緒に住んでいるのならばピルカッターで割るのは危険だとお分かり頂けるでしょう。

以上のように、薬の有効性を失うだけではなく、危険性が増すのは紛れもない事実なので、ピルカッターで割らずにそのまま服用してAGA対策を行うようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメカニズム