プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとパーマ

      2018/02/01

「プロペシアを服用してAGA対策を行っている最中でパーマをかけても良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

現在では女性だけではなく、オシャレのために男性も美容院でパーマをかけるようになりました。

プロペシアの服用の有無に関わらず、パーマ液が髪の毛の根元に影響を与える可能性は低いので、直接的に抜け毛や薄毛の原因にはならないはずです。

確かに、パーマは髪の毛や頭皮に悪いというイメージがあるかもしれませんが、美容院でプロのスタイリストに処置を施してもらえば大きな負担をかけずに毛髪にウェーブをかけられます。

それでも、何かしらのダメージは髪の毛や頭皮に加わるということをきちんと理解しておかなければなりません。

そもそも、パーマは「1剤でケラチンの中のシスチンを分解する」⇒「シスチンが分解されて髪の毛の形を変える」⇒「2剤で分解されたシスチンを結合させる」という流れでウェーブをかけたり、くせ毛をストレートにしたりします。

1剤でケラチンに液体を浸透させる際に、毛髪を保護しているキューティクルを剥がすため、髪の毛が細くなったり切れ毛の原因になったりするのです。

特に、パーマの処置を頻繁に行っていると髪の毛が痩せ細ってボリュームがなくなり、薄毛の進行に繋がるかもしれないのでプロペシアの効果が薄れる可能性はあります。

薬品の刺激でキューティクルを剥がしていることには変わりないので、髪の毛や頭皮のダメージを防ぐために頻繁な処置はできる限り避けた方が良いでしょう。

どうしてもパーマをかけて髪の毛にカールをかけたい方は、以下のようにパーマ後のお手入れをしっかりと行いましょう。

・パーマをかけたその日はシャンプーの使用を避ける
・髪の毛の中間から毛先にかけてトリートメントをつける
・UVスプレーを使って紫外線対策を行う
・パーマ後は乾いた状態になるので水分を補充してあげる
・2日目以降はシャンプー後にきちんと髪の毛を乾かす
・ラウリル硫酸やラウレス硫酸と表記のあるシャンプー剤を避ける
・お風呂上りにアウトバストリートメントをつける

上記のような対策を行っていれば、パーマの持ちが良くなるだけではなく、髪の毛や頭皮のダメージを最小限に抑えられます。

髪の毛を労わるようなケアを行っていれば、パーマを美容院でかけたからといって抜け毛の発生には繋がりにくいのです。

プロペシアの服用だけで100%確実にAGAを対策できるわけではないので、日常生活を送る上で様々なところに気を配ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアのメカニズム