プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとパニック障害

      2018/02/01

突然引き起こされる激しい発作のことをパニック障害と呼び、特別な理由なく発症するのが大きな特徴となっております。

プロペシアの服用による副作用としてパニック障害という記載は添付文書にはありませんでしたが、ストレスが溜まればこのような精神的な病気を患うことがあるので注意が必要です。

恐らく、プロペシアの服用が引き金となってパニック障害を発症したのではなく、AGAによる薄毛に対するストレスが溜まり、精神的な病気が引き起こされたと考えられます。

ストレスが最高潮に達している時にパニック障害は引き起こされやすいという特徴があり、追い詰められた状況から強い不安が生じて以下のような症状で悩まされるのです。

・息が苦しくなる
・胸がドキドキと止まらない
・汗をかく
・手足が震える
・全身が痺れる
・胸の痛みが生じる
・不安感がある
・めまい
・ふらつき
・息苦しい
・動悸
・倦怠感
・頻脈
・吐き気
・息が早くなる
・知覚異常
・死への恐怖

上記のように、パニック障害を患うと様々な身体症状や精神症状のパニック発作で悩まされやすく、心電図や血圧、採血などの検査を行っても異常が見当たらないのが大きな特徴です。

他にも、発作の経験が頭から離れなくなって不安感が募る「予期不安」、発作を起こした場所や状況を避けてしまう「広場恐怖症」、発作が持続的に出現するようになる「非発作性不定愁訴」といった症状も引き起こされます。

うつ病と同じように治すのが非常に難しい精神的な病気ですが、放置して自然と解消されるケースはほとんどありません。

抜け毛や薄毛で悩まされている男性は、「髪の毛が薄いから恥ずかしい」「人前に出たくない」「自分に自信がない」とストレスを溜め込みやすく、その影響でパニック障害を患いやすいのです。

そのため、精神的な病気を予防するためにも、AGAによる薄毛が気になりだした段階で、プロペシアやミノキシジルを使って対策を練った方が良いでしょう。

20代や30代で若ハゲで悩む男性は少なくありませんし、AGAは進行性の病気で途中で症状がストップすることはないので、早めに対策を練るのに越したことはないのです。

もちろん、一度パニック障害を患えば日常生活に支障が出るのは間違いないので、心療内科や精神科といった病院を受診して専門医の指示に従って治療を受ける必要があります。

パニック障害の治療は薬物療法と心理療法の両方を取り入れると効果的だと言われているので、病院で少しでも早期回復できるように努力してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気