プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

jouzai

飲む内服タイプのAGA治療薬がプロペシアで、アメリカのメルク社が開発し、現在では日本を含む世界60ヶ国以上で承認されております。

日本では2001年からMSD社が国内で臨床試験を開始し、プロペシアがAGA治療に効果的だと判明されたため、2005年の12月から医師の処方によって入手できるようになりました。

・本当にプロペシアを飲むだけで抜け毛を減らせるの?
・育毛剤ではないのに内服薬で効果は期待できるの?
・本当にプロペシアの服用を続けて髪の毛が増えるの?

プロペシアが登場した時のインパクトは強かったものの、上記のような疑問を抱えていた男性は多かったはずです。

プロペシアの服用によって得られる最大の効果は、DHT(ジヒドロテストステロン)の抑制となっております。

男性が年齢を重ねてAGA(男性型脱毛症)を発症すると、男性ホルモンのテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合し、このDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されるというメカニズムです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は人体にとって不要な存在ではなく、胎児期の男性性器の正常な成長に欠かせない存在となっておりますが、毛根に到達すると毛母細胞の分裂を止めたりヘアサイクルを乱したりします。

そこでAGA治療薬のプロペシアを服用することで有効成分のフィナステリドが行き渡り、前立腺や頭皮など限られた場所に存在する5αリダクターゼの働きを抑制する効果が得られるため、結果的にDHT(ジヒドロテストステロン)が産生されにくくなり、抜け毛や薄毛の改善に繋がるのです。

AGAのメカニズムに焦点を当てた内服薬ということで、プロペシアの効果が高いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

本当に効果があるのかどうか、有効成分のフィナステリドが入ったプロペシアを服用するグループと、有効成分の入っていないプラセボを摂取するグループに分ける二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)が行われました。

この試験によって正確な薬効の評価ができ、日本での1年間に渡る臨床試験では以下のような結果になりました。

フィナステリド0.2mg:改善54%、不変41%、進行5%
フィナステリド1.0mg:改善58%、不変40%、進行2%
プラセボ:改善65、不変72%、進行22%

フィナステリドが1mg含まれたプロペシアでは、1年間の服用によって抜け毛や薄毛が改善された男性が58%という結果が得られました。

しかも、2年間では68%、3年間では78%と服用期間が長ければ長いほど効果が高まり、継続的な使用が適していることはお分かり頂けるかもしれません。

あくまでもDHTの抑制を図って抜け毛の本数を減らし、AGAの進行をストップさせる内服薬ですが、毛髪自体が強くなるので髪の毛が増えたと口コミを残している男性もいらっしゃいます。

以上のような明確な結果が出ているからこそ、プロペシアはAGA治療に効果があると日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインでもAランクという高い評価を得ているのです。

原則的に、このプロペシアは医師の処方箋がなければ入手できず、現在では3万施設を超える医療機関で処方されるようになりました。

しかし、プロペシアの服用に限らず、AGA治療は保険が適用されないと定められており、病院での処方となると初診料や検査費用を合わせて10,000円近くかかります。

oosakadou

そこで、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂での購入がおすすめで、この業者を利用すれば海外で販売されているプロペシアが約5,600円という価格で手に入れられるのです。

診察料や調剤費といった費用を支払う必要はなく、インターネット通販のような形で誰にも知られずにプロペシアでAGA治療を行える点も大きなメリットなのではないでしょうか。

個人輸入で海外の医薬品を購入するのは違法ではないので、実績と信頼のあるオオサカ堂を利用し、プロペシアを入手してAGA治療に役立ててみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、上記で説明したプロペシアの効果をまとめてみると以下のようになります。

・1年間の服用による薄毛改善効果は約60%
・薄毛の進行を食い止める効果はほぼ100%
・服用期間が長ければ長いほど効果が高まる

どんな男性でも100%薄毛を克服できる特効薬というわけではありませんが、AGA(男性型脱毛症)は放置していれば確実に症状は進行します。

その進行をストップさせて今の毛髪を維持できるだけでも、服用する価値は十分にあるのではないでしょうか。

とは言え、「抜け毛の量が減った」「産毛が生えてきた」「AGAの進行が止まった」といったように、何かしらの効果を得るまでには最低でも半年間は服用を続けなければなりません。

1週間や2週間といった短い期間で変化が得られるような内服薬ではないため、用法と用量を守って長く服用を続けることが大事です。

以下では、プロペシアを使ってAGA治療を行っていく上で、注意しなければならない様々なポイントについて説明しているので、事前に確認しておいてください。

・1日に1錠という用量を守って最低でも6ヶ月間は服用する
・AGA(男性型脱毛症)の治療薬なので円形脱毛症やびまん性脱毛症には効果がない
・20歳未満での効果や安全性は確認されていないので服用してはいけない
・女性に対しての適用は無いので絶対に服用してはいけない
・妊娠している女性が服用すると男性胎児の生殖器の発育に悪影響が及ぶ可能性がある
・錠剤を割らずに1錠を水や白湯でそのまま服用する
・肝機能障害を患っている男性は服用してはいけない
・容器に入れたまま蓋をして湿気のない場所で保管する
・PSA値が約50%低下するので前立腺がんの検査を受ける場合は事前に医師にプロペシアを服用していることを伝える
・プロペシアを飲んでいる間はいかなる場合でも献血ができない
・服用して効果があっても中止すると効果が無くなってAGAが進行する

 

>>> プロペシアの詳細はこちら