プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとお酒

      2018/02/01

「プロペシアとお酒の相性はどうなの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

プロペシアは飲み合わせの悪い医薬品や飲み物はなく、特に相互作用はありませんのでお酒を飲みながらAGAの対策ができるのです。

プロペシアやミノキシジルでAGA対策を行う場合、1週間や2週間といった短い期間では頭皮や髪の毛に変化はあらわれません。

どんなに短くても半年間以上は続けなければならず、「これだけの期間に渡ってお酒を飲まないのは厳しい」と考える男性は多いはずです。

しかし、お酒やアルコールの摂取によってプロペシアの効果が下がったり、副作用のリスクが上がったりという弊害はなく、適度な量ならばストレスの解消にも繋がります。

ただし、当然のように内服薬のプロペシアをお酒で服用するのは間違っており、できる限り時間帯をずらした方が良いでしょう。

お酒のせいで薬の血中濃度は変化しやすく、濃度が低ければ本来の作用があらわれず、高くなりすぎると副作用が強まります。

どちらにしても悪影響なのは間違いありませんし、内服薬の代謝が遅れたり吸収が早くなりすぎたりというリスクがあるため、プロペシアはお酒やアルコールではなく、水や白湯と一緒に摂取しなければならないのです。

常識的に考えれば、内服薬をお酒と一緒に飲まない方が良いというのはお分かり頂けるかもしれません。

せっかく高い費用を支払ってAGA対策を行っているのですから、自分から効果を下げるような真似はできる限り行わないようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアを使ってAGA対策を行っている男性はお酒を飲む時間に気を配るだけではなく、量にも注意が必要となります。

もちろん、これはプロペシアを飲んでいる男性に限った話ではありませんが、アルコールを過剰摂取していると肝臓での分解作業が間に合わなくなり、内臓に加わる負担は大きくなります。

適度な量ならばストレスの解消にも繋がりますし、血行促進効果が得られるので栄養素が行き渡りやすくなり、髪の毛の成長を促してくれるのです。

しかし、あまりにもお酒の量が多いと、毛髪の成長に欠かせないアミノ酸が過度に消費されたり、成長ホルモンの分泌が損なわれたりという弊害があります。

特に、アルコールを分解する際に生成されるアセトアルデヒドと呼ばれる物質は、脱毛を促進する原因となるのです。

以上のことから、髪の毛のためにも健康のためにも、適度にお酒を飲んで楽しむことが大事だとお分かり頂けたのではないでしょうか。

年齢を重ねれば重ねるほど内蔵の機能は低下していくので注意してください。

 - プロペシアと関係のある食べ物・飲み物