プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと尿酸値

      2018/02/01

AGA治療薬のプロペシアは、尿酸値を下げる医薬品と併用しても問題はないと言われております。

尿酸値を下げる薬としては、アロプリノールやフェブキソスタット、ベンズブロマロンやプロベネシドが挙げられ、痛風の治療に使われているのです。

風邪が吹いただけでも関節炎によって足の親指の付け根当たりに激痛が走る病気が痛風で、日常生活に大きな支障が生じます。

その治療のために用いられるのが尿酸産生抑制薬や尿酸排泄促進薬で、どれも基本的にプロペシアと服用しても問題はありません。

プロペシアの添付文書では、一緒に服用することで効果が下がったり副作用のリスクが上がったりする併用禁忌薬はないと記載されておりました。

つまり、プロペシアでAGAの対策を行いながら、尿酸値を下げる医薬品を飲んで痛風の治療を続けられるというわけです。

尿酸値を下げる薬としてはザイロリックが有名で、この薬のジェネリック医薬品は個人輸入代行業者で販売されております。

ザイロリックは痛風だけではなく高尿酸血症の治療にも用いられており、尿酸値を抑えて放出される尿も減らしてくれるのです。

しかし、自分の症状に適した医薬品の判断は素人では正確に行えないので、通風の発作があらわれたら直ぐに専門医の診察を受けた方が良いのではないでしょうか。

また、医薬品の効能に頼るだけではなく、日常生活の中で以下のように尿酸値を下げる対策を行うことも大事です。

・ウォーキングやサイクリングなど継続的な運動を心掛けてカロリーを消費する
・プリン体が含まれた食品を食べ過ぎないように心掛ける
・毎日継続的に水を摂取する
・尿酸値を下げるサプリメントを毎日の生活に取り入れる
・尿をアルカリ化する食品のキノコ類や豆類を積極的に食べる

特に、痛風の発作を抑えたり病気の予防のためにプリン体を多く含む食品の摂取を控えなければなりません。

プリン体は「鶏レバー」「あん肝」「牛レバー」「カツオ」「マイワシ」「サンマ干物」といった食品の中に含まれております。

かかりつけの医師から詳しく説明を受けるはずですが、これらの食品の摂取を控えるとともに尿酸が溶けにくくならないように、尿をアルカリ化する食べ物が効果的なのです。

もちろん、食生活のバランスに気を配って様々な栄養素を摂取するのも大事で、結果的に抜け毛や薄毛の予防にも繋がります。

プロペシアを服用して抜け毛の予防を図っていても、髪の毛の成長が損なわれていては意味がないので、食生活の乱れには十分に注意してください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気