プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの飲み忘れ

      2018/02/01

プロペシアの効果は毎日欠かさずに1錠を飲み続けることで最大限となり、常に有効成分のフィナステリドを体内に行き渡らせることでDHTの生成を抑え、抜け毛の発生を抑制してくれます。

しかし、人間なのでプロペシアを飲み忘れることはありますし、その際にどのような対処を行えば良いのか分からないかもしれません。

プロペシアは血中濃度を一定に保つために24時間サイクルで飲み続けることが推奨されておりますが、飲み忘れてもその日の内に服用すれば問題ないはずです。

24時間サイクルを絶対に厳守しなければならないわけではなく、2時間や3時間など多少の誤差があっても問題はないと言えます。

飲み忘れの期間が2日や3日など短ければ、特に効果に影響が出ることはありませんし、その日から1日1錠の服用を今までと同じように続ければ良いのです。

ただし、飲み忘れの期間が1ヶ月や2ヶ月など長期間に渡っていると、今まで体内に取り入れていたフィナステリドの効果が薄れ、AGA(男性型脱毛症)の症状が進行すると考えられます。

プロペシアを飲み続けている間だけ効果が得られる内服薬なので、なるべく飲み忘れせずに1日に1錠を守ってAGA対策を続けるようにしましょう。

飲み忘れなく続けることがプロペシアでは最も重要なので、「朝の7時に服用する」「夜の12時の寝る前に服用する」と自分の中でルールを決めて、上手く生活の中に馴染ませてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、確実に効果を出したいのならば飲み忘れなくプロペシアを服用しなければならないものの、1日に2錠や3錠をまとめて服用するのはNGです。

「昨日と一昨日に飲むのを忘れたから今日は3錠を朝・昼・晩に飲もう」と考えている男性は、少なからずいらっしゃるかもしれません。

飲む量を2倍3倍に増やしたところで効果が倍増するわけではありませんし、逆に副作用で悩まされるリスクが増します。

安全性と有効性が確立されているAGAの内服薬でも、プロペシアの服用によって男性機能の低下や肝機能障害、抗うつ症状や更年期障害といった副作用のリスクがあることが判明しました。

一度に大量のプロペシアを服用していれば確実にそのリスクは増して身体に大きな負担がかかるため、飲み忘れたとしても1日に1錠を厳守し、その用量を長期間に渡って続けなければならないのです。

ベストは飲み忘れなく1日に1錠を服用し続けることなので、カレンダーや手帳などにプロペシアを飲んだかどうか記入するクセをつけてみてください。

 - プロペシアのメカニズム