プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは認可されているの?

   

フィナステリドが含まれたプロペシアは、正式に認可されたAGA治療の内服薬となっております。

現在使用できる薄毛治療薬の中でも効果が高いと言われており、日本の厚生労働省だけではなく、審査の厳しいアメリカのFDA(米国食品医薬品局)からも認可されているので安心です。

AGAによる薄毛に効果があると認可されているのはプロペシアとミノキシジルだけで、先にFDAに認可されたミノキシジルよりも効果が高いと考えられております。

それは、酵素の5αリダクターゼの働きを抑えて、脱毛を引き起こすDHTの抑制を図ってくれるからで、AGAの根本的な対策に繋がると言っても過言ではありません。

通販では抜け毛や薄毛の対策に繋がる育毛シャンプーや自然派成分の育毛剤が数多く販売されており、使ったことのある男性は多いはずです。

しかし、AGAの治療として正式に認可された製品ではないため、個人の肌質によっては変化を感じられないケースも十分にあるのではないでしょうか。

確かに、頭皮環境を促して髪の毛がきちんと成長できるように処置を施すのは大事ですが、プロペシアのように根本的な対策に繋がるわけではないと頭に入れておくべきです。

プロペシアは男性ホルモンの分泌量を直接的に減らすのではなく、胃薬や風邪薬のように酵素の5αリダクターゼに対してレセプターを塞ぐだけなので重篤な副作用もほとんどありません。

当サイトでご紹介している個人輸入代行業者のオオサカ堂では、格安の料金で内服薬のプロペシアを取り扱っているので是非一度使用してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアは毎日1錠を服用しなければならず、保険も適用されないのでAGA対策には高い費用がかかります。

そこで、少しでも安い費用でAGAによる抜け毛や薄毛といった症状を食い止めるために、プロペシアのジェネリック医薬品を個人輸入で購入している男性は多いはずです。

確かに、フィンペシアやフィナロといったジェネリック医薬品にも同じようにフィナステリドが1mg含まれており、効果や安全性はほとんど一緒だと言われております。

しかし、プロペシアの薬事特許期間はまだ失効していないので正式なジェネリック医薬品ではなく、厚生労働省やFDAに認可されたAGA治療薬というわけでもないのです。

その点、ファイザー社から販売されているのは紛れもないプロペシアのジェネリック医薬品で、正式に公開成分利用と販売権利が認められました。

「大切に長く使われていく標準的な治療薬を作る」というのをキャッチコピーとしており、これからはファイザー社のプロペシアのジェネリック医薬品も出回るはずなので、私たちは以前よりも安い価格でAGA対策が行えるはずです。

 - プロペシアに関するFAQ