プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアとニキビ

      2018/02/01

プロペシアの添付文書では副作用としてニキビが引き起こされるとは記載されておりませんでした。

しかし、顔面腫脹(がんめんしゅちょう)や蕁麻疹、発疹といった肌トラブルが引き起こされる可能性があると書かれており、個人の体質によっては肌に不快な症状が生じます。

プロペシアは育毛シャンプーや育毛サプリメントとは違って医薬品なので、健康体な男性が服用したとしても何かしらの副作用のリスクがあるのです。

とは言え、プロペシアの服用によって皮脂分泌を促す男性ホルモンが減少するため、毛穴に詰まる確率は減ってニキビはできにくくなります。

男性ホルモン自体を減らす内服薬ではなく、酵素の5αリダクターゼの働きを阻害する医薬品なので何とも言えないものの、「頭皮や顔にニキビが形成されるようになった」と報告している男性は少ないはずです。

もちろん、「食生活が乱れている」「睡眠不足に陥っている」「肌を不潔に保っている」という状態ではプロペシアの服用の有無に関わらずニキビが形成されやすく、髪の毛にとっても良いとは言えないので、毎日の生活習慣をきちんと見直す必要があります。

もし、AGA治療薬でニキビができやすくなったのならば、プロペシアではなくミノキシジルが含まれた育毛剤の使用が原因かもしれません。

プロペシアだけでは抜け毛抑制効果しか得られないため、直接的に発毛を促すためにリアップやロゲインなど、ミノキシジルが含まれた育毛剤を併用している男性はいらっしゃいます。

特に、リアップはドラッグストアでも販売されているため入手しやすく、身体の内側と外側の両方からのケアは抜け毛や薄毛の対策として最適なのです。

しかし、皮膚における血管拡張で血流が多くなれば皮脂の分泌も自然と増えるとため、ニキビといった肌荒れが生じやすくなります。

リアップの説明書では、「頭皮の湿疹」「痒み」「フケ」「かぶれ」「ニキビ」「手足のむくみ」などの副作用が引き起こされる可能性があると記載されておりました。

個人の肌質によって異なるので一概には説明できないものの、プロペシアよりもミノキシジルが含まれた育毛剤の方が肌トラブルが引き起こされやすいのです。

塗布タイプの育毛剤だけではなく、内服タイプのミノキシジルタブレットにも血管拡張作用があるため、全身の皮脂の分泌が促されてニキビを中心とする肌荒れが引き起こされやすくなります。

これらの医薬品でAGA対策を行う場合は、皮膚の不快な症状を避けるためにも毎日のスキンケアにも気を配ってみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 

 - プロペシアと関係のある症状・病気