プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと眠気

      2018/02/01

プロペシアを服用して眠気で悩まされている男性は多く、引き起こされる副作用の一つとなっております。

日中の眠気ほど怖いものはなく、学校の授業中ならば先生に怒られるだけですが、運転中ならば大きな事故に繋がるケースも十分にあるのです。

本当にプロペシアの服用で眠気の副作用が引き起こされるのかどうか調べるために添付文書をチェックしてみたところ、男性機能の低下や過敏症が多く、眠気という項目はありませんでした。

それでも、内服薬である以上、肝臓や身体に加わる負担は何かしらありますし、眠気が引き起こされたという報告が何件もある以上、飲む時間帯には気を配るべきです。

原則的にプロペシアを服用するタイミングは自由で、朝に服用しても夜に服用しても問題はありません。

飲む時間帯によって5αリダクターゼの抑制効果が変化するわけではありませんし、毎日1錠の服用を守っていれば好きな時に服用できるのです。

とは言え、眠気が頻繁に引き起こされれば仕事にも悪影響が加わるので、夕飯後や就寝前など家の中で生活している時間帯に服用するのが良いのではないでしょうか。

眠気や倦怠感のような不快な症状はプロペシアの飲み始めに引き起こされるケースが多く、服用を続けるうちに緩和されていくかもしれないので、その後に別の時間帯に服用してみるべきです。

AGAの治療薬としてプロペシアは厚生労働省からも認可されているので、当サイトでご紹介している個人輸入代行業者で購入してみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアよりも眠気を中心とする副作用で悩まされやすい医薬品がミノキシジルタブレットで、個人輸入代行業者で販売されております。

AGA治療薬としては認められていないものの、ミノキシジルタブレットには血管拡張作用があり、頭皮への血流をアップさせて直接的な発毛効果が得られるのです。

ミノキシジルタブレットは通称「ミノタブ」と呼ばれており、AGAによる薄毛で悩む男性の大きな希望となっております。

しかし、プロペシアよりも大きな効果が得られる反面、眠気や倦怠感、多毛症や顔のむくみ、低血圧や不整脈といった副作用のリスクが強いので注意しなければなりません。

「朝にミノキシジルタブレットを飲んだら昼食後に我慢できないくらいの眠気に襲われた」と口コミを書いている男性はいらっしゃいました。

眠気に関する副作用は特にプロペシアよりも強いみたいなので、日常生活に支障を来たさないためにも服用する時間帯には注意してください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気