プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと寝癖

   

AGA治療薬のプロペシアを服用するようになってから、寝癖が付くようになったと感じている男性はいらっしゃいます。

特に、プロペシアの服用を開始してから3ヶ月以内にこのような変化を訴えている男性がいらっしゃることが分かりました。

しかし、基本的に内服薬のプロペシアと寝癖には関係性が無く、気のせいなのではないでしょうか。

そもそも、寝癖とは寝ている間に頭と枕との摩擦によって付いた髪の毛のクセのことをさし、短髪にすると直りにくいという特徴があります。

恐らく、髪の毛が長いとその重みによってクセが付きにくく、短髪だとクセが付きやすいからこそ朝に水で濡らしてもピンと跳ねてしまうのかもしれません。

この寝癖は誰にでも生じる自然現象ですし、プロペシアを服用してから酷くなるケースは非常に少ないのです。

忙しい朝に寝癖が直らないとイライラしてしまうはずなので、どのような直し方を試みれば良いのか以下を参照してみてください。

・生え際など髪の毛の根元から水で濡らしてブラシで伸ばす
・寝癖直し専用のウォーターやミストをドラッグストアで購入する
・髪の毛のうねった部分を中心にヘアスプレーを吹きかける
・ロールブラシを使いながらドライヤーの温風を根元に当てる
・電子レンジで蒸しタオルを作って頭皮全体に当てておく

上記のような方法で寝癖を直せますし、方法によってはそこまで長い時間がかからないので忙しい朝の対処としても適しております。

また、前日の夜に自然乾燥させていると不自然なクセが付きやすく、朝のヘアケアが大変になるかもしれないので、きちんとタオルドライやドライヤーで乾かすのもポイントの一つです。

寝癖が付きにくい低反発タイプの枕を使用するのも効果的な対策の一つなのではないでしょうか。

以上のような対策を練っていれば、プロペシアを服用してAGA治療を行っていたとしても、寝癖が付きやすくなることはないはずです。

女性と違って男性はロングヘアよりもショートヘアの人が多く、寝癖が付きやすいのは仕方がないと言えます。

寝相が悪い人は髪の毛と枕に摩擦が発生しやすく、朝起きた時に寝癖が凄い状態になっているかもしれないので、色々な対策を試みてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気