プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアは何歳から?

      2018/02/01

「プロペシアは何歳から飲めるの?」「プロペシアに年齢制限はあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

プロペシアはAGAを発症している男性ならば服用できるものの、20歳以上の成人と定められているので注意が必要です。

10代の若者でもAGAを発症するケースはありますし、著しくハゲが進行しないにしても頭皮のボリュームがなくなることはあります。

それでも、10代の未成年は成長過程の真っ只中で、身体自体がまだ未熟なため、プロペシアは何歳からでも飲めるわけではなく成人男性と定められているのです。

プロペシア自体が発毛効果を持ち合わせているわけではなく、薄毛の原因物質である5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素を阻害して、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)の産生を防いでくれます。

確かに、DHT(ジヒドロテストステロン)はAGAの原因となりますが、男性の生殖器を形成するためになくてはならない存在なので、10代の未成年はプロペシアを服用できません。

抜け毛の進行を抑えられたとしても、服用して健康に害を及ぼすことになれば元も子もないので、プロペシアの服用は20歳以上と決められているのです。

現在では医療機関での処方だけではなく、個人輸入代行業者を利用してネット通販で医薬品を入手できるようになりました。

しかし、得られる効果が高い代わりに副作用のリスクもある医薬品なので、20歳を超えてからAGA対策として服用するようにしてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、AGA治療の内服薬のプロペシアは何歳からでも服用できるわけではなく、20歳以上の男性のみだと上記では説明致しました。

発育途上の未成年者が服用するのは危険ですし、AGAによる薄毛にしか効き目がないので女性の服用も禁じられているのです。

また、20歳以上の男性ならば年齢に関係なく高齢者でも服用できますが、年齢を重ねすぎていると十分な効果が得られないことが分かっております。

恐らく、AGA(男性型脱毛症)は年齢を重ねていくにつれて進行する脱毛症だからで、服用開始の年齢が遅ければ遅いほど薄毛の症状は進行しており、軽度の症状よりも改善が難しいのは想像できるはずです。

そのため、「抜け毛が増えてきた」「頭頂部が薄くなってきた」「生え際が後退してきた」という悩みを抱えている男性は、できる限り早めにプロペシアの服用を始めてみてください。

 - プロペシアと年齢・性別