プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアの内服時間

      2018/02/01

バイアグラなどの医薬品は、「食前で行為の約1時間前に服用する」と内服時間が定められております。

内服時間を守らなければ得られる効果が半減しますし、医薬品を服用する以上は正しい使い方を心掛けなければなりません。

しかし、バイアグラとは違ってプロペシアは1日に1錠という用量を守ってさえいれば、内服時間は特に設定されていないのです。

飲むタイミングは個人の自由で、「食前」「食後」「寝起き」「就寝前」など自分の生活サイクルに合わせて摂取するのが適しております。

プロペシアは内服時間が重要なのではなく、毎日1錠を欠かさずに飲んでフィナステリドを体内に取り入れることが大事なのです。

毎日飲み続けることで体内で発生するDHTの量を抑え、抜け毛の抑制を図れる内服薬なので、服用を確保できないような忙しい時間帯はできる限り避けた方が良いでしょう。

お仕事で忙しい夕方の時間帯にプロペシアを服用するよりも、「寝起きに服用する」「就寝前に服用する」と自分の中でルールを決めておけば、飲み忘れる心配はないはずです。

以上のように、プロペシアの内服時間は個人の自由で、厳密に決められていないという点について説明しました。

飲むタイミングに関しては神経質になる必要はありませんが、得られる効果を高めるためにも「1日に1錠を服用する」という飲み方は絶対に守ってください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、基本的にプロペシアは内服時間によって効果の程度や副作用の有無が変わるということはありません。

それでも、プロペシアを中心とする内服薬は肝臓で代謝が行われて血液中にフィナステリドを中心とする成分が運ばれるため、肝臓が休む深夜よりも日中の方が良いのではないかと考えられております。

しかし、上記でも説明したように日中の忙しい時間帯に飲もうと思っていても忘れてしまう可能性があるので、不安な方は就寝前に服用するのがベストです。

寝る前にプロペシアを服用して塗布タイプの育毛剤を使うというAGA対策を行っている男性も多く、その習慣を毎日付けていれば忘れることはないでしょう。

また、内服時間は個人の自由でも、毎日24時間サイクルで服用すればプロペシアの効果を最大限に引き出すことができます。

飲む時間がバラバラでも1日に1錠という用量を守っていれば問題はありませんが、「今日の就寝前に服用して明日の寝起きに次の日の分を飲む」と、あまりにも近すぎるタイミングはNGなので十分に注意してください。

 - プロペシアのメカニズム