プロペシアの効果.COM

プロペシアの発毛効果を実感しよう!

プロペシアと胸の痛み

      2018/02/01

AGA治療薬のプロペシアは特に大きな副作用はなく、安全にAGAの対策として取り入れられる医薬品となっております。

効果だけではなく安全性も高い点が大きな特徴で、だからこそ医薬品の認可に厳しいアメリカのFDAからの許可も得ているのです。

しかし、医薬品なのは変わりなく、プロペシアの服用によって胸の痛みが引き起こされたという口コミがありました。

内服薬は個人の体質によって合う合わないがあるため、胸の痛みのような不快な症状がプロペシアの服用で引き起こされても不思議ではありません。

とは言え、プロペシアの添付文書の中には胸の痛みという副作用の項目はなく、性欲減退や勃起障害など男性機能に関する症状が多いという特徴がありました。

それに、プロペシアの副作用の発症率は非常に低く、臨床試験でもそのような結果が出ているので、多くの男性は安全に抜け毛や薄毛の症状を和らげる対策ができます。

「1日に1錠のプロペシアを服用する」「体内の血中濃度が一定になるように24時間サイクルで服用する」という正しい飲み方を守っていれば、胸の痛みが生じることはないはずです。

それでも、身体へのリスクがゼロというわけではないので、プロペシアの服用による不快な症状がいつまでも改善されないのならば、一度医療機関を受診して専門医の診察を受けてみてください。
 

>>> プロペシアの詳細はこちら

 
さて、プロペシアで胸の痛みが引き起こされる確率は低いものの、ミノキシジルタブレットにはそのリスクがあります。

血管拡張剤のミノキシジルが含まれた錠剤タイプのAGA治療薬がミノキシジルタブレットで、個人輸入代行業者を利用して入手可能です。

得られる効果が高いものの、副作用のリスクはプロペシアよりも高く、胸の痛みだけではなく低血圧や不整脈、多毛症や動悸といった症状が報告されております。

AGAによる薄毛が進行した男性の中には、プロペシアとミノキシジルタブレットを併用した方が良いのではないかと考えるかもしれません。

確かに、プロペシアで抜け毛の抑制を図り、ミノキシジルタブレットで発毛効果を促すような治療は非常に適しております。

しかし、2種類の医薬品を服用することで内臓には大きな負担が加わりますし、胸の痛みのような症状が酷くなる可能性は十分にあるのです。

そもそも、ミノキシジルタブレットは元々は血圧降下剤として使われており、AGA治療薬として認められた医薬品ではないので、できる限り使用は避けてください。

 - プロペシアと関係のある症状・病気